logo

クラウド時代に求められるネットワークセキュリティ

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「クラウド時代に求められるネットワークセキュリティ」を公開しました。

###
こんにちは、デジタルサポート大喜多です。
今回はネットワークセキュリティ入門ということで、以下の書籍をおすすめしたいと思います。

ネットワーク超入門講座 セキュリティ編

内容は「情報セキュリティのために必要な対策」「コンピュータネットワーク(インターネット)を安全に利用するための技術」の大きく2つの解説がメインになっています。

古い本なので、最近流行の「標的型攻撃対策」や「マイナンバー対策」に特化された内容はありませんが、個別対策の前に「情報セキュリティとは何か」「セキュリティとは『何を守るか』が重要」「セキュリティのための人的対策・技術的な実装」という、忘れられがちな部分も含め「セキュリティの基本」をほぼ網羅した内容になっているのが特徴です。

本書ではネットワークセキュリティの視点を以下の2つに分類しています。

何を守るのか?
何から守るのか?
本コラムでは、それぞれの視点についてもう少し掘り下げて解説します。
■「何を守るのか」についての3つの観点

情報セキュリティの三要素「機密性」の観点から
企業の情報システムには企業活動に必要な重要データが入っています。万が一システムにアクセスできるアカウントが
漏洩したり、システムからクライアントPCにダウンロードされた機密情報が外部に漏洩するなどの事故が発生します。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事