logo

ジルスコット

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ジルスコット」を公開しました。

###
FIFA女子ワールドカップ 2015 カナダ大会 準決勝「日本×イングランド」戦。



2015年7月1日17時(日本時間2日8時)天候は快晴なり。NHKのテレビ中継が始まり、ワールカップ三大会出場の元なでしこ宮本ともみが解説、アナウンサーは松野靖彦。試合会場には既に大勢の観客が詰めかけているスタンド席の模様が映し出され AC/DCの 「サンダーストラック」”Thunderstruck” がBGMとして厳かに流れている。これから轟く雷鳴と稲妻を予感させる。試合開始直前、テレビ画面からも感じられる程にトーナメント独特の張り詰めた空気が競技場を埋め尽す中で恒例の国歌が流れ出す。映像は、なでしこ選手達の顔が順番にアップで映し出され、多くが瞼を閉じ胸に手を当て「君が代」を厳かに口ずさむ様子からも心地良く緊張した面持ちで必勝への気迫が読み取れる。続いて「神よ、女王を護り賜え」”God Save the Queen” が流れるとイングランド選手が肩を組み大きく胸を張って目を見開き笑顔さえ讃えて高らかに唄う様が映され、目を逸らさず決戦に対峙する意気込みが伺える。なでしこと対照的である立ち姿の様は、慣習なのか彼女達の意気地なのかは計り兼ねるが、観る側にとっても非常に印象的である。両キャプテンがエールの交換を終えるとチームメンバーが円陣を組んでチームメンバーが互いを鼓舞した後にキックオフされた。



試合開始直後から緊迫した一進一退の攻防が続く。イングランドは容赦なく敵陣にロングボールを蹴りこんでゴールに向かって一直線に突き進む。なでしこも負けじと、イングランドのお株を奪うが如く岩清水梓選手からの縦パスで有吉佐織選手が突進する。大野忍選手を起点として右サイドの川澄奈穂美選手ヘ パスを繋ぎそしてセンタリングを狙う。自陣から受けたパスを川澄奈穂美選手が立ちはだかるディフェンダーをギアチェンジして振り切り一気に右サイドを駆け上がる。

力の拮抗した同士のやり取りが永遠に続くようにも思えたが、早くも前半30分にその均衡が破れる。阪口夢穂選手の縦パスに反応した有吉佐織選手が ペナルティエリア内に跳び出してイングランドのファールを誘ったのだ。このファールで得たPK(ペナルティーキック)をキャプテン宮間あや選手がゆっくり とした所作で落ち着いてキーパーの動きを最後まで見て確実にボールを蹴りゴールネットを揺らした。宮間あや選手はゴールを決めるや否や自陣ベンチに向かっ て駆け出して、歓喜する控えの仲間達と抱き合って先制した喜びを分かち合う。チーム全員で戦っているのだ。しかし、まだ試合は前半途中であり安心するには 気が早すぎる。何故なら、なでしこが前回大会で唯一負けている相手こそが仇敵イングランドなのである。



そして、その時は何の前触れもなくやって来た。前半37分、自陣の左サイドで鮫島彩選手が前線にボールを供給するのを阻みにプレッシャーを掛けに来た長身のイングランド選手が身体を張ってブロックしてクリアした際だった。

アナウンサーが突然、「実は今朝ですね、私が泊まっているホテルの朝食会場で、あのジルスコットのお兄さんが居まして、」と話し始めた。「ハ イ。」と解説の宮本ともみが相槌をうつと、「どうやら私を日本人だと気づいてですね、『サッカー観に来たのか?』と聴かれたんですよ。『いやいや、報道しに来たんだ』と答えたら、『妹が出てるから宜しく』と挨拶されました。」「『ヨロシク』…って言われたんですか?ハイ。」とちょっと困った感じの受け応え。「お互いに『グッドラック』と言って別れたんですが。」



この後ほんの数秒だが、暫しの沈黙と会場の歓声だけが音声として流れた。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。