logo

ヤンマーとオラクルチームUSAが2大会連続の オフィシャルテクニカルパートナー契約を締結

ヤンマー株式会社 2015年07月23日 20時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年7月23日

ヤンマー株式会社
オラクルチームUSA

ヤンマーとオラクルチームUSAが2大会連続の
オフィシャルテクニカルパートナー契約を締結

 この度、ヤンマー株式会社とオラクルチームUSAは、2017年に開催される第35回アメリカスカップのオフィシャルテクニカルパートナー契約を締結することを決定しました。
 オラクルチームUSAが劇的な優勝を果たした、2013年開催の第34回アメリカスカップに引き続き、2大会連続のパートナーシップ契約となります。
 前回開催の第34回アメリカスカップにおいて、Emirates Team New Zealand(挑戦艇)との3週間に及ぶ過酷なマッチレースを共に戦い、ディフェンディングチャンピオンの座を掴んだという素晴らしい経験を通して、お互いの信頼を深めたことが今大会もセーリング界とマリンエンジン界をリードする両者を結びつけました。

 ヤンマーは、長年に亘る豊富な経験と技術力で、世界のマリン市場へ高性能・高品質なマリンエンジンやドライブシステムを提供しています。今回のパートナーシップでも、オラクルチームUSAが駆る46フィートの伴走艇(愛称YANMAR1、YANMAR2)へ、ヤンマー製8LV型ディーゼルエンジンとZTドライブシステムを提供する、オフィシャルテクニカルパートナーとして、チームを支えます。
 伴走艇は40ノット(74.1km)を超えるレースの展開を常に追い掛け、チームを的確にサポートするだけでなく、練習時においても常にチーム艇に付き添い、データ収集や分析を行う重要な役割を担う、チームのパフォーマンス向上に欠かせない存在です。レースの舞台となる海域の過酷なコンディションに十分に耐えうるスピード、パワー、耐久性を備えたエンジンとしてオラクルチームUSAに選ばれたヤンマーエンジンは、2017年のアメリカスカップ本戦までオラクルチームUSAが絶大な信頼を寄せるパートナーとして、チームを支え続けます。
 また、世界No.1チームをエンジン技術で支える企業として、レース艇や伴走艇へのブランド露出を展開し、グローバル市場におけるブランド認知の向上を図ると共に、プレミアムなブランドイメージの創出を目指します。

 オラクルチームUSAとヤンマーは、7月25日から始まるルイ・ヴィトン・アメリカスカップワールドシリーズ ポーツマス大会を皮切りに、2017年のアメリカスカップ本戦まで過酷なレースを共に戦い、3連覇を目指します。

<オラクルチームUSAのスキッパーJimmy Spithilコメント>
「ヤンマーは我々にとってとても重要な存在です。レース艇をサポートできる伴走艇は、ヤンマーエンジンがあってこそ実現できました。パフォーマンスデータの収集や分析を行う伴走艇は、レース艇のブレインであり、我々の勝利に欠かせない存在です。その伴走艇に耐久性・信頼性の高いヤンマーエンジンが搭載されていることで、我々も安心してレースに挑めるのです。ヤンマーと共に3連覇を目指します。」

<ヤンマーホールディングス(株)理事 荒木 健 コメント>
「前回大会(2013年)で我々のエンジンへの信頼を深めてもらえたことが、今大会のパートナーシップ継続に繋がりました。世界No.1チームに認めてもらえたことは、エンジンメーカーとして最高の誇りであり大変光栄に思っています。今回は、レースだけなく、練習時も常に付き添いチームのパフォーマンス向上に貢献します。過酷な練習とレースをチームと共に乗り越え、3連覇を目指すチームに貢献していきます。」

<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事