logo

マイクレルが自動車アプリケーション向けの300mA、AEC-Q100準拠のLDOを発売

マイクレル 2015年07月23日 16時25分
From 共同通信PRワイヤー

マイクレルが自動車アプリケーション向けの300mA、AEC-Q100準拠のLDOを発売

AsiaNet 61230 (0927)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2015年7月23日】高性能リニア&パワーソリューションやLAN&タイミング、通信ソリューションで業界をリードするマイクレル社(Micrel, Inc.、Nasdaq: MCRL)は20日、最新の自動車向けAEC-Q100規格に準拠する300mA出力で100mVの超低ドロップアウト能力を誇る高性能な電圧レギュレーター(LDO)を発表した。MAQ5300は小型2mm × 2mm DFNパッケージで提供され、大半の自動車および産業アプリケーションで直面する厳しい環境と温度にさらされ、スペース制約が多く高信頼性を求められるアプリケーションに最適である。MAQ5300は1000個単位で単価が0.39ドルから入手可能である。

マイクレルのブライアン・ヘダヤティ副社長(高性能リニア&パワーソリューションマーケティング担当)は「車載センサーの数はコネクテッドカーの開発の進展に伴い増加しており、低電力消費ソリューションに対する需要も増えている。MAQ5300は、フロント/リア/サイドビューカメラ・モジュールおよびイメージセンサーの急性長する市場向けにPCB基板サイズ制約が厳しいアプリケーションに最適なソリューションを提供する」と語った。

フロント/リア/サイドビューカメラ・モジュールおよびイメージセンサーは、コネクテッドカーの主要コンポーネントの1つである。米国の道路交通安全局(NHTSA)は、すべての乗用車および一部の商用車が2018年5月までに後方視野確保の基準を満たすことを義務付けている。米政府の調査によると、米国では小型乗用車がバックする際に関わる事故で、年間平均210人が死亡、1万5000人が負傷し、その内の大半は子どもと高齢者である。

MAQ5300はAEC-Q100品質要件に完全準拠し、必要とされるPPAP認定データをサポートしている。MAQ5300は300mAの出力電流を保証し、1.5V、1.8V、2.5V、2.8V、2.85V、3.0V、3.3Vの多数の固定出力電圧オプションがそろっている。その他の機能には、±2%の初期出力電圧精度、0.1マイクロアンペアと低いシャットダウン静止電流、過熱保護、過電流制限保護などがある。このソリューションは小型の6ピン、2mm×2mm DFNパッケージで提供される。

▽マイクレル社(Micrel, Inc.)について
マイクレル社はアナログ、Ethernet、高帯域市場向けICソリューションで世界をリードするメーカーである。同社の製品には、高度なミックスド・シグナル、アナログ、パワー半導体;高性能なコミュニケーション、クロック管理、MEMSベースのクロックオシレーター、crystal-lessクロックジェネレーター、Ethernetスイッチ、物理レイヤー・トランシーバーICなどがある。同社の顧客には、企業、消費者、工業、モバイル、テレコミュニケーション、自動車、コンピューター製品の大手メーカーが含まれている。本社と最新鋭ウエハー製造施設は米カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジアに地域販売・サポートオフィス、最新鋭の技術設計センターを構えている。さらに、同社には世界中の広範な流通および販売代理店のネットワークがある。詳しい情報はリンク から入手可能。

ソース:Micrel, Inc.

▽問い合わせ先
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14F
TEL : 045-224-6616
FAX : 045-224-6716
E-mail : info14@micrel.co.jp
ホームページ : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。