logo

アルマトイ2022、重要資産となる宿泊設備を計画

Almaty 2022 Candidate city 2015年07月23日 11時05分
From 共同通信PRワイヤー

アルマトイ2022、重要資産となる宿泊設備を計画

AsiaNet 61283

カザフスタン、アルマトイ/スイス、ローザンヌ、2015年7月22日/PRニュースワイヤー/ --

おおよそ2年にわたる入札競争を経て、アルマトイ(Almaty)2022では、その美しい都市に国際コミュニティを迎え入れる準備は万端であり、大変興奮しています。カザフスタン最大の都市、アルマトイは、そのツーリズム分野で急速な高騰を見せています。ホテル部屋が約11%年間成長を遂げている中、アルマトイは、中央アジア全土で最も急速に成長している観光地なのです。

マルチメディア・ニュース・リリースは以下をご覧ください:

リンク

リンク

同都市は、ワールドクラスのスキーリゾート、風光明媚な山々、新たに開発されたカジノやエンターテイメント・リゾート、そして生き生きとしたカザフ文化への手の届きやすさにより、世界中からのビジターを魅了しています。さらに、FISやISUのワールド・チャンピオンシップの多くと同様に、2011年アジア冬季競技大会等の、大規模な国際ウィンタースポーツイベント開催を通して、ツーリズムの増加による恩恵を得続けています。

ツーリズム分野での成長に合わせ、アルマトイは多くのビジターと急速に成長する国内人口のニーズに対応するため、強固な宿泊設備計画を開発しています。アルマトイ2022は、2022年冬季オリンピックを開催するという入札が、同都市の長期目標にふさわしいことを保証するため、同都市と協力してきました。

カザフスタンツーリズム協会会長、Rosa Assanbayeva氏は言います:

「アルマトイへの観光客は、過去数年にわたり着実に増加しています。同都市の人口拡大に向けたハウジングに加え、全分野にわたってホテルへの需要は伸びています。アルマトイ2022ゲームの宿泊設備計画は、私たちの長期都市開発計画と一致しています。」

重要なことに、アルマトイは3万1,000部屋以上を、ホテルオーナー、不動産開発者、地方当局から合法的に割り当てる保証を確保しています。

アルマトイの実際的な宿泊設備計画は以下となります:

・オリンピック関連団体専用の宿泊地域に10,580部屋
・IF、NOCサービスアパートを含む新たに建設されたサービスアパートに15,475部屋
・オリンピック都市のIOCホテル1,000部屋を含む全カテゴリーの既存のホテルや健康有楽地に5,175部屋

アルマトイ市長、Akhmetzhan Yessimov氏は言います:

「アルマトイの保証は、IOCの全必要条件を上回っています。全顧客グループは5つ星ホテルから低予算のビジター向け大学宿泊施設まで、全カテゴリーを通して、アルマトイで快適な宿泊施設を見つけることができるでしょう。これらの宿泊部屋は、すでに建設されているか、建設中、計画中、または個人契約により保証されています。」

リンク

リンク

で@RealAlmaty2022をフォローしてください。

情報源: アルマトイ2022候補都市


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事