logo

Windows Server 2003のサポート終了に向けたシトリックスの取り組み

CTC教育サービスはコラム「Windows Server 2003のサポート終了に向けたシトリックスの取り組み」を公開しました。

###
2015年7月15日、Windows Server 2003(Windows Server 2003 R2を含む。以下Windows Server 2003でまとめます)のサポートが終了いたします。サポート終了後は、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムや、製品に関するサポートの提供が受けられなくなります。サーバーOSの場合、ネットワーク経由での利用が前提のため必然的に攻撃の対象になりやすく、セキュリティの問題は無視出来ません。この数ヶ月のうちに社内のWindows Server 2003を最新のサーバーOS環境へ移行する必要があるのです。

fig01

 今回、このWindows Server 2003問題に関してシトリックス・システムズ・ジャパンでは最後の移行のチャンスであるこの時期に、新たな取り組みを発表しました。その詳細をマーケティング部はが俊介氏(以下、はが氏)にお伺いしました。

インタビューア:今回キャンペーンを企画した意図を教えてください
はが氏:Windows Server 2003 のライフサイクル終了を控えたこの時期においても、まだWindows Server 2003のインストールベースはある程度残っていると想定しています。シトリックス製品のプラットフォームでも、同様に一定の割合あると考えており、サポート終了までのスムーズな移行を支援する必要があると考えました。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事