logo

株式会社ピクセラ(東証2部 6731)に向けた再生投資のお知らせ

Oakキャピタル株式会社 2015年07月17日 17時45分
From 共同通信PRワイヤー

2015.7.17

Oakキャピタル株式会社

株式会社ピクセラ(東証2部 6731)に向けた再生投資のお知らせ

当社はこの度、株式会社ピクセラ(以下「ピクセラ社」)の再生支援を目的とした総額14億円のエクイティファイナンスの引受を決定いたしましたので、その概要に関し下記の通りお知らせいたします。
                      記

1.「IoT関連事業」を中心に新たな事業領域の確立を目指すピクセラ社の戦略を支援
ピクセラ社は創業以来、デジタル機器を中心に、Windows、Mac、Andoroid等あらゆる規格でソフトウェアからハードウェア半導体設計に至るまで自社で開発し、マルチメディアを身近にする新しい製品を提供してまいりました。
しかしながら、インターネットやブロードバンドの市場が大きく変化する中で、同社にとって既存事業の再構築と新事業への転換が必要であります。当社は、同社の再生と成長戦略を推進するに当たり、同社の財務体質改善と再生支援を目的に、総額14億円のファイナンス引受を実施することといたしました。

2.ピクセラ社への投資総額14億円の内訳 
新株の引受:  3億円
新株予約権の引受: 11億円(権利行使による払込み予定総額)
合計: 14億円
※投資後の当社出資比率は48.82%であります。

3. Oakキャピタルによる支援内容
(1)この度の増資による資本強化により、債務超過の解消および財務体質の大幅改善。
※上場廃止に係る猶予期間入りとなっておりますが解消される見込みです。
(2)第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の繰上償還の資金手当て。
(3)同社の展開する「IoT関連事業、自動多言語翻訳システム事業及びAR/VR事業」の顧客や事業提携先の紹介。
(4)同社の高い技術力を活かし、当社のネットワーク先であるゲームメーカーとの共同開発などを後押し。

4.投資実行の予定日
払込期日:平成27年8月3日

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。