logo

若手表現者を応援する第11回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展 吉田志穂展「INSTANCE」開催


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( リンク )」では、2015年7月21日(火)より8月6日(木)の期間、第11回写真「1_WALL」グランプリ受賞者の個展となる吉田志穂展「INSTANCE」を開催いたします。

――――――――――――――――――――
第11回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展 吉田志穂展「INSTANCE」
――――――――――――――――――――
吉田志穂は、インターネット上の画像をフィルムカメラで撮影し、暗室での加工を重ねることで、日々目にする膨大な数の画像の断片を物質化することを試みた作品「log」で、第11回写真「1_WALL」のグランプリを受賞しました。
携帯やPCに映し出される、ネットイメージに反応する現代的な視点が、完成度の高いポートフォリオや展示とともに、審査員から高い評価を得ました。
風景が映るモニターを複写するだけでなく、実際に現地に赴いてさらに撮影を行うなど、吉田の作品には身体的なアプローチと、プリントでの光学的な作業が幾重にも重ねられています。ひとつのイメージに対して繰り返されるこの一連の行為は、被写体の持つ情緒性や意味性を排除し、本人も予期せぬ未知なるイメージの出現を探っているようです。
そうしたプロセスを経て、印画紙という新たな支持体に定着された画像は、一見すると要素の削ぎ落とされたシンプルな画面でありながらも、写真の中に隠れた虚偽性や撮影者との関係を鑑賞者に問いかけ、「見る」ということの正体を改めて考えさせます。
今回の展覧会では、受賞後に制作された新作を中心に発表予定です。吉田の初の個展をぜひご覧下さい。


<作家プロフィール>
吉田志穂 Shiho Yoshida
1992年 生まれ
東京工芸大学芸術学部写真学科卒業

<作家コメント>
日々沢山の写真を見ています。
自分にとってそれは何かの誘導や別の文脈で情報を見ているように感じています。
撮影した写真に対して何度も処理をかけると、見た景色とはかけ離れたエラーのような像が生まれます。既存の指示も文脈も無い物質を構築し直し、ものを写すこと、見るということについて新しいシステムをつくりたく、その方法を考察しています。

――――――――――――――――――――
開催概要
――――――――――――――――――――
<展覧会概要>
■企画展名:第11回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展 吉田志穂展「INSTANCE」
■会期:2015年7月21日(火)~8月6日(木)11:00~19:00
    日曜・祝日休館 入場無料
■会場:ガーディアン・ガーデン
    〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル地下1階
    TEL 03-5568-8818 リンク
■トークイベント: 2015年7月30日(木)19:10~20:40
          出演:高橋朗(P.G.Iディレクター)× 吉田志穂
         (入場無料 要予約 TEL:03-5568-8818)


――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。