logo

オカムラデザインスペースR 第13回企画展

株式会社岡村製作所 2015年07月17日 10時17分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月19日

株式会社 岡村製作所

オカムラデザインスペースR 第13回企画展「雲の椅子の紙の森」

タイトル:「雲の椅子の紙の森」
企画主旨:オカムラデザインスペースR(ODS-R)は、毎年1回7月に開催する企画展として、「建築家と建築以外の領域の表現者との協働」を基本コンセプトに、一人の建築家を選び、「いま最も関心があって、挑戦してみたい空間・風景の創出」をお願いしてきました。目指すのは建築家の個展ではなく、建築家ともう一人の表現者が協働することで初めて可能になる新しい空間・風景づくりです。そのODS-Rも今年で13年目になり、建築家の藤本壮介さん、そして協働者にライティングデザイナーの戸恒浩人さんを迎えます。昨年の12月から毎月1回の打ち合わせを重ねて、タイトルは「雲の椅子の紙の森」です。
このプロジェクトは、建築家藤本壮介さんが普段の設計活動のなかで興味をもち、常に設計の根源的なテーマとしている建築的なるものと家具的なるもの、自然と人工、単純さと複雑さ、歩き回ることと留まること、ひとりとたくさん/空間と身体、内と外、光と影のような問題意識を、インスタレーションという形で問い直す試みです。それは、私たちの生活環境を取り巻く、根源的で、しかも相反する以下のようなさまざまな事柄を、溶けあわせるように、間を埋めるように、連続的に捉えていくことです。月1回の定例ミーティングを重ねるにつれて、その期待が高まって参ります。
藤本さんの設計した空間を戸恒さんが最大限に活かした今までにないコラボレーションを、ぜひご体感ください。                                       (企画実行委員長/川向正人)

企画建築家:藤本壮介氏(建築家)
  協働者:戸恒浩人氏(照明デザイナー)
開催期間: 2015年7月14日(火)~7月31日(金)10:00~18:00 (7月19、20、26日は休館)
  会場: オカムラ ガーデンコートショールーム
        〒102-0094東京都千代田区紀尾井町4-1
         ニューオータニ・ガーデンコート3F  
         Tel : 03-5276-2001

シンポジウム:「形と光/場所と空間について」
2015年7月24日(金)18:00~20:00 (定員50名)
パネラー:藤本壮介氏 + 戸恒浩人氏、 アンカーマン:川向正人氏
特別照明演出  毎週火曜・木曜 18:00~
            
■参加申込・お問い合わせ先:
株式会社 岡村製作所 [お客様サービスセンター] フリーダイヤル0120-81-9060

入場料:無料(展示、シンポジウム、ギャラリートーク共)
主催: 株式会社 岡村製作所
後援: 日本建築家協会、日本建築美術工芸協会、東京インテリアプランナー協会
協力: コイズミ照明株式会社、株式会社レイオス
制作: 藤本壮介建築設計事務所、シリウスライティングオフィス 主催:株式会社岡村製作所 企画:OKAMURA design space R 企画実行委員会(委員長:川向正人、企画委員:芦原太郎、北川原温、内藤廣、中村喜久男)
後援:公益社団法人 日本建築家協会、一般社団法人 東京インテリアプランナー協会
協力:コイズミ照明株式会社、株式会社レイオス/ヘルバージャパン
制作:藤本壮介建築設計事務所、シリウスライティングオフィス


■企画建築家・協働者 プロフィール■

藤本 壮介(日本)
建築家                            

1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。                        
2000年藤本壮介建築設計事務所設立。
2005年を皮切りに若手建築家の国際的な登竜門であるAR awardを3年連続で受賞し一躍注目を浴びる。
2015年パリ・サクレー・エコール・ポリテクニーク学校施設国際設計競技一等受賞、
2014年、ウォールストリートジャーナル建築部門イノベーター賞、モンペリエ国際設計競技最優秀賞受賞。
2013年、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオンを最年少で設計。同年、マーカス建築賞受賞。
2012年、第13回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館の展示で金獅子賞受賞。

〈代表作〉サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013(2013)、House NA(2011)、武蔵野美術大学図書館(2010)、House N(2008年)ほか。

〈主な著書〉Sou Fujimoto Architecture Works 1995-2015藤本壮介建築作品集(TOTO出版) 、SOU FUJIMOTO RECENT PROJECT(A.D.A.EDITA Tokyo、2013年)、Sou Fujimoto Sketchbook(Lars Muller Publishers、2012年)、藤本壮介読本(A.D.A.EDITA Tokyo、2011年)、建築が生まれるとき(王国社、2010年)、原初的な未来の建築(現代建築家コンセプトシリーズ・INAX出版、2008年)他。
近作: 《情緒障害児短期治療施設》(2006年)、《House N》(2008年)、《武蔵野美術大学 美術館・図書館》(2010年)など。
ウェブサイト: リンク



戸恒浩人(日本)
照明デザイナー, IALD/
一級建築士

1975生まれ 東京都出身 東京大学工学部建築学科卒業。
1997-2004 ライティングプランナーズアソシエーツ
2005 シリウスライティングオフィス設立

受賞歴
「ホテル日航東京 ルーチェ・マーレ」照明学会照明デザイン賞(2007)
「東京スカイツリー(R)」IALD Award of Merit(2011)
「福岡大学病院 新診察病棟」照明学会照明普及賞(2011)
「Gridie」グッドデザイン賞(2012)
「東京スカイツリー(R)」IES Illumination Award Discution(2013)
「新潟日報メディアシップ」照明学会照明普及賞(2013)
「戸畑図書館」グッドデザイン賞(2013)
他多数

代表作
ホテル日航東京 ルーチェ・マーレ、東京スカイツリー(R)、ICC Light&Music show、ヒルトン東京ベイ、日本経済新聞社東京本社ビル、ユニクロ心斎橋など
ウェブサイト: リンク


OKAMURA Design Space R
~アート、建築、デザインの協働の場として

OKAMURA Design Space R
それは、ニューオータニ・ガーデンコートのスペーシャスなオカムラ・ショールームの一画に、年に1度、全く斬新な企画で創出される展示とトークのための空間です。
毎回異なるジャンルの複数のアーティストが、アートの枠組みを超えサイエンスとインダストリーの新領域にまで踏み込む意欲的なコラボレーションを展開し、その知と美の新たな形式によって多領域に向けて確かなインパルスを発信します。

全体企画:OKAMURA Design Space R企画実行委員会
     委員長 川向  正人(建築史家、建築評論家、東京理科大学教授)
     企画委員 芦原  太郎(建築家)
     北川原  温(建築家、東京芸術大学教授)
     内藤 廣(建築家)
     中村 喜久男(岡村製作所 代表取締役会長)
     各企画展アーティスト

実行委員:各企画展アーティスト側責任者
     岩下 博樹、永井則幸、鈴木 勇二、井上 宏一、中村 留理、藤井由紀夫(岡村製作所)

開催場所:オカムラ ガーデンコートショールーム内
     〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
     ニューオータニ・ガーデンコート3F
     Tel: 03-5276-2001

主      催:株式会社岡村製作所
     〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27
      国際新赤坂ビル東館10F
      Tel: 03-5561-4091

来場予定者:一般来場者(ポスター、メディア広告)
      招待客(ダイレクトメール郵送)

入   場   料:無料




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。