logo

ネットユーザー行動分析トレンドreport 【2015夏の旅行】

株式会社ヴァリューズ 2015年07月15日 11時23分
From PR TIMES

国内派/海外派の閲覧サイトや検索キーワードの特徴とは?

◆旅行業界のサイト訪問者数ランキング(6月度) …「楽天トラベル」と「じゃらんnet」が2強
◆今夏の旅行予定、国内派:30.7%、海外派:5.7%。9月のシルバーウィークの需要が増加
◆国内旅行派は「食べログ」などグルメサイトや「NAVERまとめ」もよく閲覧する傾向



 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。また、昨年も同様の調査・分析を実施しており、前年度データとの傾向比較も行っています。

【調査・分析概要】
 夏の旅行予定については、全国のVALUESモニターを対象として、2015年6月25日~7月1日にアンケート調査を実施、その回答者14,562人をネット行動分析の対象としました。
前年度データについては、2014年6月25日~7月1日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者14,199人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPC上の行動ログを分析対象としています。
※サイト分類の「旅行・交通」カテゴリは、ヴァリューズが独自に定義しています。

【結果サマリー】

◆旅行業界のサイト訪問者数ランキング(6月度) 「楽天トラベル」と「じゃらんnet」が2強
 ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、2015年6月度のサイト訪問者数ランキングを集計したところ、1位「楽天トラベル」、2位「じゃらんnet」、3位「Yahoo!トラベル」と宿泊予約サイトがTOP3を占める結果になりました。特に「楽天トラベル」と「じゃらんnet」の訪問者数が突出しています。
[画像1: リンク ]


 また、同じく「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、サイト訪問者数の対前年比でランキングしたところ、1 位は温泉宿の情報が充実した「ゆこゆこネット」(前年比:141.0%)となりました。比較的、訪問者数の規模が大きいサイトでは、「るるぶトラベル」(前年比:121.8%)や「Yahoo!トラベル」(前年比:120.8%)が上位にランクインしており、集客が好調のようです。
[画像2: リンク ]


◆ 今夏の旅行予定は、国内派:30.7%、海外派:5.7%、昨年度よりも微減
 2015 年6 月25 日~7 月1 日に実施したアンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうかを尋ねると、「国内旅行派」は30.7%、「海外旅行派」は5.7%、「行先は決めていないが旅行を検討中」が8.7%となり、合わせると45%が、この夏の旅行を予定していることが分かりました。一方、「特に旅行は検討していない」が55%と半数を超えており、昨年度の同調査では51%であったことから約4 ポイント上昇しています。
[画像3: リンク ]

◆今夏の旅行時期については、9月のシルバーウィークの需要が増加傾向
 さらに、「旅行を予定/検討している時期」を同アンケートで尋ねたところ、「9月」と回答した人の割合が昨年よりも伸びていました。今年は9月下旬に5連休が可能なシルバーウィークがあるため、7月~8月の夏休み期ではなく、時期をずらした9月に旅行を予定している人が増えているようです。
[画像4: リンク ]


◆今夏に旅行を予約・検討している人のサイト閲覧傾向は?


国内旅行派 ─宿泊予約サイト、旅行代理店、航空会社の他、グルメサイトやまとめサイトもよく閲覧
海外旅行派 ─旅行系以外にも「Yahoo!ファイナンス」「ホットペッパービューティー」「TOHOシネマズ」など



 次に、旅行を検討していない人(非検討者)との乖離(差)が大きい順にランキングを集計し、国内旅行予定者、海外旅行予定者、それぞれでよく閲覧しているサイトのランキングを作成しました。

 旅行を検討していない人に比べて国内旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトの1位は「じゃらんnet」で、2位に「楽天トラベル」、3位「JTB」となっています。また、4位「食べログ」、8位「ぐるなび」、18位「ホットペッパーグルメ」と、グルメ情報サイトが複数上位にランクインしました。旅先でのレストラン情報やクチコミをチェックしていると考えられます。

 一方、旅行を検討していない人に比べて海外旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトをみてみると、1位「HIS」、2位「JAL」、3位「ANA」という結果になりました。また、4位「エクスペディア」、5位「旅行のクチコミ フォートラベル」、7位「トリップアドバイザー」などユーザーのレビューやクチコミが充実しているホテル予約サイトが上位にきています。さらに、10位「Yahoo!ファイナンス」、13位「三菱東京UFJ銀行」、27位「三井住友VISAカード」など金融系のサイトもよく閲覧する傾向があるようです。その他、旅行系以外では、美容室・サロンの予約サイト「ホットペッパービューティー」や映画館の「TOHOシネマズ」などもランクインしており、海外旅行派はサービス消費に対して積極的な一面がうかがえます。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


◆今夏の旅行予定者の検索キーワードランキング
 最後に、GoogleおよびYahoo!の検索を対象に、今年の夏に旅行を予定している人が、どのようなキーワードで検索しているか、2015年6月度の検索キーワードランキングを作成しました。

 国内旅行予定者では、3位「じゃらん」、6位「ANA」、8位「楽天トラベル」、10位「JAL」などの旅行系ワードがTOP20に入りました。海外旅行予定者では、2位「ANA」、5位「HIS」、8位「JAL」、17位「EXPEDIA」、19位「じゃらん」などがTOP20にランクインしています。3位の「翻訳」というキーワード検索は、海外旅行予定者でのみ上位にあがっており、こちらも特徴的なワードです。

 一方、旅行を検討していない人(非検討者)の検索キーワードランキングをみてみると、旅行系ワードでは「ANA」「JAL」がランクインするのみという結果になりました。
[画像7: リンク ]



■【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!「【VALUES eMark+】Free」について
本リリースで用いたデータは、当社サービス「VALUES eMark+」を使用して集計・分析を行いました。本サービスには<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。

●「【eMark+】Free」のお申込みはこちら
リンク

■株式会社ヴァリューズについて
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。20万人規模のモニター会員の協力により、行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

株式会社ヴァリューズ ホームページ
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。