logo

『ストリート・オブ・ファイヤー』

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「 『ストリート・オブ・ファイヤー』」を公開しました。

###

映写機からの光の束がスクリーンに映し出されると真っ黒な画面にファズで毛羽立ったフックのある
ギター・リフで反復リズムが刻まれ続けながら画面中央に文字が順に映し出されます。



「ストリート・オブ・ファイヤー」”Streets of Fire”
「ロックンロールの寓話」 “A Rock & Roll Fable”
「とある時間、とある場所で」 “Another Time, Another Place”



文字が消えると今夜催されるロックスター、エレン・エイム(Ellen Aim)の凱旋ライブに人々が続々集まる街頭の様子。
場面は変わりライブ会場が映し出されて地元スターの登場を待つ観客の前で、ベースのリフが鳴り響き、
ドラムロールがフィルインしてリズムをタイトに刻み始めると、ピアノがカットインしてメロディを奏で始めます。



スタンダールの如く「赤と黒」で観客と対峙 するジョルジオ・アルマーニの衣装を纏ったエレンが現れ、
ステージの端から走り込んで舞台中央にあるスタンド・マイクを掴んでアップテンポに疾走するナンバー
“Nowhere Fast”を歌い出すのです。そして、サビのフレーズで会場の観客と一体になります。
「ダーリン、ダーリン」”Darlin’, Darlin'”



冒頭、”Ellen Aim and The Attackers” のライブシーンで始まるこの映画は、ウォルター・ヒル(Walter Hill)監督の
「ストリート・オブ・ファイヤー」”Streets of Fire” です。ヒロインであるエレン・エイム役を早熟の十九歳であった
ダイアン・レイン(Diane Lane)が艶やかに演じています。全編に亘ってロックンロールが流れるこの映画のプロットは至ってシンプルな西部劇です。
悪役によって拉致されたヒロインをヒーローが助け出すという在り来りのストーリーを架空の街を背景に色鮮やかに描いているのです。この手の青春映画やミュージカルの類に食傷気味であるか、または、安手の使い回しのストーリーに飽き飽きされる場合もあるのでしょうが、これこそが光り輝く原石を磨くために大事なステップであることが往々にしてあります。



この映画のキャストで唯一キャリアがあったといえるのは、若干十九歳のダイアン・レインでした。デビュー作である
「リトル・ロマンス」”A Little Romance” はヒット作となり注目されて何本かの映画に出演した経験がありましたが、
彼女以外ほぼ無名といって良いキャスティングだったのです。



主役トム・コーディ(Tom Cody)を演じるマイケル・パレ(Michael Pare)は、前職がニューヨークの有名レストランで副料理長をしていたそうです。無邪気でハンサムなタフガイを演じたパレは、この映画でスターの仲間入りを果たし、
後に多数の映画に出演することになります。



敵役レイブン(Raven Shaddock)を演じたウィレム・デフォー(Willem Dafoe)は、彼が前作でバイカー役で出演したのが功を奏した配役でしょう。絵に描いた通りの悪役として適役です。その後の彼は「プラトーン」”Platoon” で大ブレイクしご承知の通り大スターとなりました。



エレン・エイムのマネージャー、ビリー・フィッシュ(Billy Fish)役で注目されたリック・モラニス(Rick Moranis)は、この後すぐに「ゴーストバスターズ」(Ghostbusters)に抜擢されて一躍有名になりました。
トムの相棒を務めるマッコイ(McCoy)役はエイミー・マディガン(Amy Madigan)です。エイミーはウォルター・ヒル監督に強烈に売り込んで当初のシナリオも変えさせてこの役を射止めたそうです。癖のあるサブキャラクターという立ち位置をこの役を得て確立し認知させたのです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事