logo

胸ポケットに入れてどこにでも自由に持ち運べる、小型・軽量の“ミニプロジェクター C-5”を発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、「ミニプロジェクター」シリーズの新製品として、胸ポケットにすっきり収まりシーンを選ばず自由に持ち運べる、小型・軽量プロジェクター“ミニプロジェクター C-5”を2015年8月上旬より発売します。



[画像1: リンク ]

<■“ミニプロジェクター C-5”スペシャルサイト:リンク

キヤノンMJグループは、本年より開始した中期経営計画の成長戦略においてプロジェクター事業の強化・拡大を掲げ、オフィス用途やデジタルサイネージ、プロジェクションマッピングなど多彩な分野で事業展開を加速させています。このたび、新製品“ミニプロジェクター C-5”を市場投入することで、高画質モデルからオフィスモデル、モバイルモデルまで製品ラインアップをより一層充実させ、拡大するマーケットニーズに応えていきます。

■ 携帯性に優れた小型・軽量ボディー
幅124mm・奥行き71mm・高さ20mm、重さ169gの小型・軽量ボディーにより、胸ポケットなどに無理なく収まるコンパクトサイズを実現しています。携帯性に優れているため外出先でのビジネスシーンにおいてグループミーティングやプレゼンテーションを行う際に適しています。また、パーソナルユースとしてはスマートフォンやタブレット端末、パソコンなどとミニHDMIケーブル(MHL対応)1本で接続し、映像・音声を簡単に投影することが可能です。

■ 電源不要のバッテリー駆動を実現
電源が不要で最長3時間のバッテリー駆動を実現しています。また、輝度50lm(ルーメン)のLED光源の採用により約1万時間の長寿命※1を実現しており、毎日5時間使用しても約5年間メンテナンスを不要にしています。
※1 光源の輝度が約半分になるまでを示します。


[表: リンク ]



<ビジネスプロジェクターの市場動向>
2014年のビジネスプロジェクターの市場規模は、世界市場で約760万台、国内市場で約18万5,000台でした。2015年においては、世界市場で約760万台、国内市場でも約19万台と予想しています。今後は接続機器の高解像化にともない、WUXGA(1,920×1,200画素)クラスの高解像度製品や、室内を暗くしなくても鮮明な映像を投写できる高輝度モデルが普及する一方、小型・軽量サイズでいつでもどこでも投影可能なモバイルプロジェクターが成長することが見込まれています。(キヤノン調べ)

<本件に関するお問い合わせ先>
キヤノンお客様相談センター:050-555-90071
■プロジェクターホームページ:リンク
■“ミニプロジェクター C-5”製品ページ:リンク
■“ミニプロジェクター C-5”スペシャルサイト:リンク

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]



[画像7: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事