logo

ノバルティス、視力障害者向け Apple Watchなどのスマートウォッチ用アプリを初めてリリース

ノバルティス ファーマ株式会社 2015年07月08日 16時10分
From Digital PR Platform


●iPhoneおよびAndroidTM携帯で以前から使用されてきた、視力障害を有する方の日常生活向上に役立つアプリであるViaOptaに新機能を搭載
●アプリのナビゲーション機能による外出、認識機能により日常的に使うお金、色、目標物および人などの識別をサポート
●現在ViaOptaアプリは、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、アラビア語、日本語、ギリシャ語、ポルトガル語、オランダ語、イタリア語、ハンガリー語などに対応


2015年6月30日、スイス・バーゼル発 –ノバルティスは、ViaOptaアプリの新機能およびスマートウォッチ用アプリをリリースしました。Apple WatchやAndroid Wearなどのウェアラブルデバイスにおいて、ハンズフリーで使え、使用していることが目立たないViaOptaアプリは、視覚障害を持つ方の生活に違和感なく取り入れられ、日常生活をより円滑にするのに役立ちます。
アプリの実際の動作については、こちら(リンク)をクリックし、短いデモ動画をご覧ください。


◆患者さんへのベネフィット
The European Forum Against Blindness(EFAB)会長のイアン・バンクス(Ian Banks)氏は、次のように述べています。
「視力障害を持つ方がViaOptaアプリを使用することで、近所の喫茶店まで歩いて行く、薬局に行く、幼稚園にお孫さんを迎えに行くといったことができるようになり、その結果、自信や自立心を高め、行動の自由も維持できるようになることが期待されます」

ViaOpta Navは、ウェアラブルデバイス用の音声案内によるナビゲーションアプリとして初めてのもので、視力障害を持つ方用に設計されています。交差点やランドマークに近づくと、音声ガイダンスとバイブレーションでユーザーに知らせるよう設定できます。ユーザーは、自分の正確な位置を尋ねたり、計算された経路の途中や近くにある目的地やランドマークをお気に入りとして保存することができます。また、ユーザーと介助者は、お互いの正確な現在地を共有し、その場所に行くこともできます。


◆最先端技術
ノバルティス ファーマ(スイス)社長 デビッド・エプスタイン(David Epstein)は、次のように述べています。
「ノバルティス ファーマは、医薬品に限らず、革新的なソリューションを提供するように努めています。視力障害を持つ方用のこれらのアプリもそのひとつで、日常の生活の質にベネフィットをもたらします。私たちは、ViaOpta DailyやViaOptaNavアプリなどのシンプルかつ便利なツールの作成に貢献し、世界中でご利用いただけることを誇りに思っております」

世界では、2億8500万人を超える方が失明を含む視力障害を有されています※1。ViaOptaアプリをできるだけ多くの方にご利用いただけるよう、さらなる言語対応に向けて開発を行っています。


◆ViaOptaアプリの主要な新機能について
ViaOpta Navigation:
-POI機能:近くの興味ある地点(POI:Point of Interest)の確認、カテゴリーへの分類、POIに関する情報検索、特定のPOIへのナビ機能の設定ができるようになりました。これには、道路や横断歩道の点字ブロック、音響装置付信号機など、周辺の特定の補助設備に関する情報も含まれます(ユーザーがいる地区のOpenStreetMaps*でこの情報が利用できる場合に限ります)。

-対応エリア拡大:一部地域で対応不可エリアがありますが、世界中でご利用いただけます。

ViaOpta Daily:
-新しい物体認識機能:デバイスのカメラを目標物に向けると、ユーザーの視野内の目標物を識別します。

-シーン認識機能の追加:希望の方向や場所にデバイスのカメラを向けると、VoiceOver**がユーザーの前にあるものを教えてくれるので、慣れない環境で移動しやすくなります。


◆優れたデジタル技術に対する継続的コミットメント
-これらの患者さん向けアプリのスマートフォン版は、リリース1年目の2014年にEuropean Excellence Awardを受賞しました。これらのアプリは、リリースから2カ月間で6,700回を超えるダウンロードがあり、自立心の維持、あるいは回復に役立ったという報告もありました。革新と実生活への影響の両面で評価をいただいております。

iPhone とApple Watch は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

*OpenStreetMapは、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事ができます。
**VoiceOverとは、アップルのMac OS X、iOS、iPodに内蔵されているスクリーンリーダーです。


◆参考文献
※1. International Agency for the Prevention of Blindness (IAPB), WHO Facts Blindness and Visual Impairment:
Global Facts. リンク [Accessed June 1, 2015]


◆免責事項
本リリースには、現時点における将来の予想と期待が含まれています。したがって、その内容に関して、また、将来の結果については、不確実な要素や予見できないリスクなどにより、現在の予想と異なる場合があることをご了解ください。なお、詳細につきましては、ノバルティスが米国証券取引委員会に届けておりますForm20-Fをご参照ください。


※この資料は、ノバルティス(スイス・バーゼル)が2015年6月30日(現地時間)に発表したものを日本語に翻訳(要約)したもので、参考資料として提供するものです。資料の内容および解釈については英語が優先されます。英語版はリンク をご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。