logo

通信の力を使い遠く離れた人たちの心をつなぐ「SYNC PROJECT」第三弾『SYNC DREAMS』実施決定

KDDI株式会社 2015年07月07日 10時00分 [ KDDI株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

七夕の短冊に込めた子どもたちの夢を応援

 KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下 KDDI)は「SYNC PROJECT」の第三弾として「SYNC DREAMS」を実施し、その様子を収録した動画を7月31日に公開します。



 第一弾「SYNC DINNER」ではクリスマスイブに遠く会えない2人の心をつなぎ、話題となりました。続く第二弾「SYNC YELL」では、夢を持って上京した若者と地元で見送る家族や友人の心をつなぎました。その様子は海外でも感動を呼び、YouTube再生回数120万回を記録しました。そして今回、集大成となる第三弾「SYNC DREAMS」では、七夕の短冊に込めた夢に向かって頑張る子どもたちと、海外で同じ夢を追う先輩たちの心をつなぎます。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

【SYNC DREAMS 概要】
公式サイト:リンク

7月7日、子供たちが短冊に込めた夢に一歩近づく特別授業を開きます。先生は、同じ夢を抱き単身海外で活躍する先輩たち。動画の中では、2人の子供たちにフォーカスし、auの通信技術を使い、日本にいる子どもと海外にいる先生の心をつなぎます。授業の様子を映しだした動画は、7月31日にYouTube および特設サイトにて公開予定です。



[画像3: リンク ]

【SYNC PROJECT 概要】
人と人がつながること。その感動を、通信の力でどこまで大きくできるだろう。
「SYNC PROJECT」は等身大のビデオチャットを活かし
さまざまな「遠く離れた人たちの心」をつなぐプロジェクト。
2014年12月24日、クリスマスイブに会えない遠くはなれたふたりの心をつないだ「SYNC DINNER」。
2015年の春、夢を持って上京した若者と地元で見送る家族や友人の心をつないだ「SYNC YELL」。
そして2015年7月、「SYNC PROJECT」の集大成として、夢に向かって頑張る子どもたちと同じ夢を抱き単身海外で活躍する先輩たちの心をつなぐ「SYNC DREAMS」を公開します。



[画像4: リンク ]

【SYNC DINNER】 ~クリスマスイブの夜、遠く離れたふたりの心が近づくディナー~
公式サイト:リンク
YouTube:リンク
[動画: リンク ]



YouTube再生回数:268,847回(6/30時点)

スマートフォン、Bluetooth、ビデオチャット、モーションセンサーなどのテクノロジーを活用して、東京・大阪間400kmの距離をつなぎ、離れた場所にいる2人がまるで一緒に食事をしているかのようにみえる体験をおさめた動画。クリスマスイブに会うことを諦めていた2人が、クリスマスイブだけ特別にオープンしたレストランで、まるで一緒にいるように乾杯したり、距離を超えてクリスマスケーキのろうそくの火を吹き消せることに驚いたり、といった様子を描いています。
[画像5: リンク ]




[画像6: リンク ]

【SYNC YELL】  ~新たな一歩を踏み出す人へ、ふるさとからのサプライズエール~
公式サイト:リンク
YouTube:リンク 
YouTube再生回数:1,270,984回(6/30時点)

東京に上京する若者たちの、出発時の別れから東京に到着するまでの一部始終を収めたドキュメンタリー動画。動画の中では、この春上京した3人の若者の旅立ちのストーリーがオムニバス形式で描かれていきます。家族や友人と別れ、地元を出発した若者たち。彼らが東京の駅に降り立つと、駅に設置してあった大型ディスプレイに、故郷の家族や友人からのビデオメッセージがサプライズで映し出されます。若者たちの“上京”を通じて、「別々に暮らす大切な人と繋がりあえる喜び」を描いています。

[画像7: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。