logo

日経のビジネスニュースを英語で聴くアプリ「LissN(リッスン)」をリリース

株式会社 日本経済新聞社 2015年07月06日 14時13分
From PR TIMES

隙間時間にスマホで英語学習

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は、日経のビジネスニュースで英語を学ぶスマートフォンアプリ「LissN - 英語で聴くNIKKEI」(リンク)をリリースしました。日経の主要ニュースを毎朝5本、英語と日本語で配信。米国や英国出身のネイティブスピーカーが記事全文を読み上げます。聴くだけではなく、記事中の気になる単語を簡単に調べることもできるなど、満員の通勤車内でも、英語の勉強と情報収集の2つを同時にできます。また、ユーザーを対象にしたイベントや講座を開催し、皆さんの学習を応援します。



[画像1: リンク ]



◆日経の確かなビジネス情報が教材
現代のビジネスパーソンは、メールや会議、出張など英語を使う機会は増えています。英語を学習している方は多いですが、忙しい中でどのように学習をするかは共通の悩みでしょう。LissN(リッスン)は1日5本の配信で、隙間時間でも英語のリスニング力を鍛えることができます。ニュースソースは、日本経済新聞、電子版をはじめ、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)など、日経グループの発行する有料媒体から翻訳され、日経の英文媒体「Nikkei Asian Review」に掲載された記事。プロの記者と編集者が書いた確かな情報をもとに学ぶことで、ビジネスで使える、実践的な英語が身につきます。時事問題などタイムリーなビジネスの話題についての英語表現を学べるので、日々の仕事に直接活用することができます。
価格は月額税込360円。初回利用時から1カ月はお試し期間とし、料金は発生しません。


◆みんなで学べばきっと身につく
LissNはアプリにとどまりません。セミナーなどのイベントを実施し、皆さんの学習の手助けをします。まず7月に「隙間時間での英語学習」をテーマにしたイベントを開催。英語を使って仕事をしている人や、英語学習のプロにノウハウを伝授してもらいます。


◆機能強化、他サービスとの連携も
LissNは聴いて・読んでためになるだけでなく、楽しく効率的に英語が学習できるアプリを目指します。リリース後もリスニングの履歴を一覧表示するなど学習をサポートする機能の強化を続けます。また、日経の英文媒体Nikkei Asian Reviewとも連携を深めます。その他、英語学習を支援する外部のさまざまなサービスとも連携していく予定です。


◆名称「LissN - 英語で聴くNIKKEI」について
読みかたは「リッスン」。耳を英語に慣らすだけでなく、日経のビジネスニュースを教材にすることで、学びを得ていただきたいとの思いを込め、聴く=listenと稽古=lessonを組み合わせました。語尾のNが大文字なのはN=Nikkei、英文媒体のNikkei Asian Review、それに前身となったアプリNiidに由来します。
※Niidは日経の主要記事を複数のテーマでコンパクトに配信するアプリでしたが、その中でも特に好評だった「英語で聴くNIKKEI」を強化してリニューアルしたものがLissNです。


◆アプリ基本情報
アプリ名:LissN - 英語で聴くNIKKEI(読み「リッスン」)
サービス価格:月額税込360円(アプリ内課金)
提供場所:App Store
カテゴリ:教育
対応端末:iOS8以上を搭載するiPhone、iPod touchでご利用いただけます。それ以外の環境の場合には、一部機能が使用できない可能性がございますのでご了承ください。

App Store URL:リンク
LissN公式ページ:リンク


◆アプリのロゴ

[画像2: リンク ]



【日本経済新聞社について】
日本経済新聞社は1876年以来、約140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約280万部で、国内61カ所、海外36カ所の取材拠点で1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は現在40万人超、有料・無料登録を合わせて約250万人になっています。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本経済新聞社 広報室
TEL:(03)3270-0251

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事