logo

学生の7割以上が大学在籍中に「成長したと思う」 成長実感が最も高いのは理系女子(リケジョ)ー「卒業時満足度調査2015」よりー

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2015年07月01日 13時30分
From PR TIMES

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する、高等教育機関、高校生、進路選択に関する各種調査や社外に向けての情報発信を行う、リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、大学生の卒業時満足度に関する調査を実施いたしました。この度調査結果がまとまりましたので、一部をご報告いたします。



■参考資料: リンク


1.成長実感とそのきっかけ・・・参考資料P3~4
■「成長したと思う」は75.5%。「とても成長した」は2割強(21.7%)。
■成長実感が高いのは、理系女子>文系女子>理系男子>文系男子の順。
▽「成長したと思う」 男子71.1%、女子81.4%と女子の方が10ポイント以上高い。
▽在籍した学校が入学時に第1志望か、第2志望以下であったかで「成長したと思う」のスコアは7.6ポイントの差がみられるが、第2志望以下でも7割(71.0%)を超えている。
[画像1: リンク ]

■成長のきっかけのトップは「卒業論文・制作を仕上げたこと」(50.5%)。
▽男女でトップは異なる。男子 「卒業論文・制作を仕上げたこと」(48.1%)、 女子「アルバイトでの人間関係・責任の重さ」 (54.1%)。

[画像2: リンク ]



2.身についた能力とその機会・・・参考資料P5~6
■大学で身についた能力のトップは「専門分野の知識・技術を理解・習得する力」(41.0%)。次いで「物事を論理的に考える力」「物事をさまざまな視点から考える力」(38.0%)。
■一方、最も低かった項目は「将来、グローバルに活躍できる力」 (5.4%)。
▽理系男子では「物事を論理的に考える力」、理系女子では「専門分野の知識・技術を理解・習得する力」「専門分野の知識・技術を実際に活かせる力」が他の層に比べ高く、全体を10ポイント以上上回っている。
[画像3: リンク ]

■能力が身についた機会を、能力別にランキングすると最も1位が多かったのは『ゼミ・実習・研究』(22項目中16項目)。次いで『授業』(同5項目)、『アルバイト』(同1項目)。
※身についた能力ごとに、それがどこで身についたかのトップ項目

[画像4: リンク ]



※出版・印刷物へデータを転載する際には、“「卒業時満足度調査2015」リクルート進学総研調べ”と明記ください。

リクルートマーケティングパートナーズではこれからも、ひとりひとりにあった「まだ、ここにない、出会い。」を届けることを目指していきます。
-------------------------------------------------------------------------
【リクルートマーケティングパートナーズに関するお問い合わせ先】
リンク
-------------------------------------------------------------------------
【リクルート進学総研 WEBサイト】 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。