logo

当社連結子会社フォーサイドエンタテイメントのスマートフォン向け次世代SNSアプリ「Catchboard(キャッチボード)」リリースのお知らせ

株式会社フォーサイド 2015年07月01日 16時59分
From PR TIMES

当社連結子会社のフォーサイドエンタテイメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:假屋勝、以下「当社」と言います。)は、スマートフォン向けソーシャルコミュニケーションアプリ「Eyeland」のサービス内容を大幅に見直し、新たな次世代SNSアプリ「Catchboard」をリリースいたします。



[画像1: リンク ]



当初は、平成27年4月27日付「スマートフォン向けソーシャルコミュニケーションアプリ「Eyeland」完全リニューアルのお知らせ」のとおり、「Eyeland」のサービス内容を見直しとリニューアルを検討しておりましたが、機能の開発・アプリの改修を進めていく中で、新たな次世代SNSアプリ「Catchboard」としてリリースをすることといたしました。

「Catchboard」は、友だちや家族との繋がりを重視したコミュニケーションアプリとなっており、コミュニケーションを通して、繋がる楽しさをコンセプトにサービスの内容を大幅に見直しました。一方で新たな機能としてイベント機能を追加し、共感できる話題や趣味等を通して不特定多数のユーザーとコミュニケーションをはかり、そこで生まれる新しい繋がりを共有できる一面も持っております。

また、今回のリリースに際し、ソーシャルコミュニケーションツールとしての機能を拡充し、幅広いユーザーの利用拡大と、ローカルストリームを活用した地域コミュニケーション起点の020マーケティングツールとして、企業向けのサービス拡充も推進して参ります。 

[画像2: リンク ]



[Catchboardの名前の由来]
「Catchboard」は「Catchball」に由来した造語となります。「Catchball」には2人、もしくはそれ以上が相互に投球・補給を繰り返す行為であり、野球では練習、家庭では親子のコミュニケーションの手段(Wikipediaより)といった意味がございますが、「ball(球)」を「board(板)=ユーザーが投稿するページ」に変え、ユーザー同士のコミュニケーションツールとして活用して頂きたいとの願いを込めました。

[Catchboardの主な機能]
●コミュニケーション機能
「Catchboard」では友だちとのトーク、タイムラインやローカルストリームへの投稿等、コミュニ
ケーション機能を全て“無料サービス”として提供して参ります。これにより、ユーザーは気軽に
コミュニケーションを楽しむ事ができ、コミュニケーションの活性化が見込めます。

●電話帳連携機能
「Catchboard」では、スマートフォンに登録されている電話帳の情報との連携を行うことができるようになります。それにより、ユーザーは既に繋がりを持っている友だち等と「Catchboard」のマップ上で、簡単便利にコミュニケーションを取ることができ、従来のサービス機能等に加え、友だち等との位置による繋がりを楽しめるようになります。また、今後は各種SNSサービス等のアカウント情報との連携もできるように機能を拡充して参ります。

●ローカルストリーム・タイムライン機能
上記の電話帳連携機能の導入により、ローカルストリーム機能(地図と連動したタイムライン、地域型掲示板のイメージ)に加え、ユーザーの属するコミュニティ(友達等の繋がり)と連動したタイムライン機能を提供いたします。また、今後はテキスト・写真のみならず、動画等もアップできるように機能を拡充して参ります。

●リアルイベント連携
「Catchboard」では、現実の世界(リアル)で開催されるライブイベント等と連携し、イベント主催者からの情報発信ツールとしての活用や、イベントに参加しているユーザー同士のコミュニケー
ションツールとしての活用シーンを提供して参ります。第1弾リアルイベント連携といたしまして「ワールドコスプレサミット2015」との提携を既に発表させて頂いており、更なる提携も順次発表させて頂く予定です。

● オフィシャルアカウント機能
「Catchboard」では、伝説のダンスユニット“PaniCrew”YOHEYプロデュースの世界水準新時代ガールズユニット「Chu-Z (チューズ)」、横浜FCオフィシャルマスコット「フリ丸」等のオフィシャルアカウントを開設しておりますが、参加芸能人・著名人等を更に拡大すると共に、コメント投稿機能等を拡充し、ファンとのコミュニケーションを身近に広げて参ります。また、ユーザーの閲覧回数に応じたランキング表示を行い、人気のコメント等を楽しみやすいサービスを展開して参ります。

● セキュリティ機能
「Catchboard」では、位置情報を利用するかどうかをユーザーにおいて任意設定できるようにし、位置情報を利用しない場合はマップ上に一切の表示がなされないようになっております。これにより、「Catchboard」を更に安全・安心に利用頂けるようになります。

● ご当地アイドル・キャラクター発掘企画の開始
「Catchboard」内にて、各地域の“ご当地アイドルオーディション”“ご当地キャラクター企画募集”等のイベントを開催して参ります。その上で、各ローカル地域に根付いた観光大使的なアイドル・キャラクターを発掘し、その観光大使から各地域の情報発信を促進することにより、地方創生事業の一環として、地域経済と文化の活性化及び発展を推進して参ります。

● 広告表示機能
「Catchboard」」では、コンテンツに調和した広告コンテンツを配信する「ネイティブアド」の配信を行って参ります。これにより、ユーザビリティを損なわずに、「Catchboard」のユーザーにとって、メリットが高く相性の良い情報を届ける仕組みを広げて参ります。

◇ フエーズ2(2015年9月以降に順次リリース予定)
●無料通話機能の追加
従来のコミュニケーション機能に加えて、音声通話及びビデオ通話が出来る機能を提供して参ります。これにより、ユーザー間でのコミュニケーションの活性化や、「Catchboard」が提携する全国の小売店舗(飲食店・理美容店・商店など)や各種施設への問合せ・予約等の020送客の利便性も向上します。

●トークスタンプサービスの追加
テキストメッセージに挿入できるイラスト(トークスタンプ)を提供して参ります。トークスタンプでは、喜怒哀楽をはじめ、感動・落胆・お礼・応援等といった多種多様な感情や心境を表現し、テキストメッセージにトークスタンプを添えることで、言葉では表現しにくい感情を、的確かつ簡潔に伝えることができ、ユーザー間のコミュニケーションがさらに広がります。

● O2O送客型広告機能の拡張
「Catchboard」では、全国の小売店舗(飲食店・理美容店・商店など)や各種施設と連携した、「Catchboard」のユーザーがマップを見た“その時”に営業しているお得なお店等(例として、タイムセールの情報や空席状況等)を発見できるような、広告サービスメニューを店舗および企業向けに提供しておりますが、更に提携数を拡大し、タイムリーなクーポン提供等の機能拡充を図って参ります。

●コンテンツサービスの追加
当社連結子会社である「株式会社モビぶっく」が運営する電子書籍サービス「モビぶっく」との連携や、音楽・動画等のデジタルコンテンツサービスも提供して参ります。また、新たに当社グループでサービスを開始する「“漫画”電子書籍出版・販売プラットフォーム」とも連携し、当社が特許保有するコンテンツ共有システム(特許第4883736号)を活用し、ユーザー同士の間で漫画コンテンツの「回し読み」等も楽しめるようにして、コミュニケーションを活用したコンテンツの楽しみ方を提供して参ります。

●ゲームプラットフォームの追加
「Catchboard」内でソーシャル的に楽しめる、スマートフォン向けゲームアプリ等の提供を行って参ります。また、単純にゲームを楽しむだけでは無く、O2O送客型広告サービス展開とも連動し、全国にある多くの飲食店・理美容店・商店等の実店舗で利用できるクーポン等を、ゲーム内で提供して参ります。

●フリマサービスの追加
いつでもどこでも簡単に、「Catchboard」の中でユーザー間のフリーマーケットが出来る機能を追加いたします。スマートフォンのカメラと「Catchboard」のアプリで簡単に出品でき、安全・安心に、モノの売り買いを楽しめるサービスを拡充して参ります。

●オンラインモールの展開
衣料品や生活雑貨を始めとし、パソコンやスマートフォン関連商品等の家電製品まで、幅広い商品を販売するテナントが「Catchboard」内に出店し、ユーザーが気軽にショッピングできる機能を追加いたします。

「Catchboard」は、スマホ×地域×コミュニケーションという独自のアプローチでオンラインとオフラインを結びつけ、繋がりを持った全国のユーザー及び企業等が便利に利用頂けるようなサービスを提供し、地域コミュニケーションの活性化に大きく貢献して参ります。


(参考)「Catchboard」のサービス概要
●コンセプト
[画像3: リンク ]



●ポジショニング
[画像4: リンク ]


[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。