logo

香港のハーバーシティで超リアル彫刻家の個展

ハーバーシティ 2015年06月19日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

香港のハーバーシティで超リアル彫刻家の個展

AsiaNet 60746(0748)


【香港2015年6月18日PRN=共同通信JBN】
*有名な米国の超リアル彫刻家、キャロル・A・フォアマンがアジア太平洋地区初の個展
*オーシャンターミナル前広場が“スイミングプール”に変身

この夏に弾みをつけるために、ハーバーシティは世界屈指のハイパーリアリズム彫刻家、キャロル・A・フォアマンを招き、2015年6月18日から7月5日までハーバーシティでアジア太平洋地区初の個展を開催する。オーシャンターミナル前広場は3Dイラスト・スイミングプールに変身、超リアルな彫刻5体が飾られる。キャロル・A・フォアマンは6月17日から19日まで香港を初訪問する予定で、メディアのインタビューを歓迎する。

Photo - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク
Logo  - リンク

これ以外のキャロル・A・フォアマン作品の写真はリンク からダウンロードできる。

5体の彫刻は、アジアのビジュアルアーティスト、カレン・ポウとチャオ・ハーンカーの2人が制作する3Dイラスト・スイミングプール上に展示される。若手の五輪選手ローレン・パデューの彫像がプール内に横たわる。スイマー1人がボードに座り、もう1人は救命ブイでリラックスする。一方、別のスイマーはスイミングプール脇のシルバーボール上でポーズをとる。

アーティスト同士のコラボは東西の文化交流を促進する。それは新形式のストリートアートに発展し、2次元の水平面に3次元の幻視を生みだす。3D彫刻は2D絵画にぴったり合う。それは都市に夏のタッチをもたらし、インタラクティブなストリートアートになり、鑑賞者は周囲に関わってつながれる。全体の体験は息をのむリアルなもので、同時に、正しい視角さえ発見すれば、鑑賞者は心を奪われる。

▽「ハーバーのスイミングプール」公共美術展@ハーバーシティ
日程:2015年6月18日-7月5日
時間:午前10時-午後10時
場所:香港ハーバーシティのオーシャンターミナル前広場

▽キャロル・A・フォアマンとその“超リアル”アート形式について
キャロル・A・フォアマンは世界有数の影響力と人気がある著名な超リアル彫刻家として認められている。そのキャリアは40年に及ぶ。彼女はニューヨークとフロリダ州に住んで仕事をしている。巨大な作品と実物大の作品があり、屋外や水上で超リアル銅像を展示する唯一の具象アーティストである。フォアマンの作品は、ベネチア・ビエンナーレ、ザ・ステート・ハーミテージなど数多くの国際展で紹介されている。また、ウィーン・ビエンナーレ、フィレンツェ・ビエンナーレ、2008年北京オリンピック・アートエキジビジョンで1位になり、北京ビエンナーレで最優秀賞を獲得した。彼女の作品は天皇、ビル・クリントン元米大統領とヒラリー・クリントン元国務長官夫妻、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官、ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領、およびフォーブス誌などのコレクションにも選ばれた。厳選パブリックコレクションはグラウンズ・フォー・スカルプチャー(彫刻の森)、エルパソ美術館、ボカラトン美術館、バース美術館、Art-st-Urbanなどにある。彼女はメトロポリタン美術館、コロンビア大学などで教鞭をとり、ワークショップも開いている。作品の最高価格は100万ドル。彼女の記念碑的な彫刻、Grande Catalinaを掲載したアントニー・メイソンとジョン・T・スパイクの共著「A History of Western Art(西洋美術史)」は、Abrams Booksから12カ国語で出版されている。

フォアマンの人体彫刻はありふれたものでしかない。大理石、銅、ビニールにレシンを塗った彼女の作品は伝統的手法と現代的手法が使われている。ハイパーリアリズムは偽の現実をシミュレーションするため、高水準の技術手腕と名人芸が要求される。

超リアルな人物彫刻は通常、ワックスの状態で展示されるが、比較的耐性が小さい。このためフォアマンは、彫像を屋外に展示できるように、超リアルな人物彫刻を独自の方法でつくっている。まず本物の人体上でモールドを作成し、液体ポリエステルでレシンの型をとる。その後、微細なサンドペーパーでかけらを精緻化、彫刻に実物そっくりの皮膚を与える。次に数週間かけて、かけらに肌色の塗料を何百層もスプレーして、最後に命を吹き込むために本物の髪の毛を取り付ける。ほとんどの作品は1人のモデルの顔、別のモデルのボディー、3人目の手足を使っている。彼女の彫刻には異なる5、6人をモデルにしたものがある。

フォアマンの作品はできるだけ本物に見えるように工夫されているが、その目的は実物そっくりの彫刻をつくることだけではない。彼女のアートは物語を語っており、鑑賞者が参加してその人物の感情を実感してもらいたいのである。

ハーバーシティ問い合わせホットライン:+852-2118-8666
ウェブサイト:www.harbourcity.com.hk

Facebook: @harbourcity  #harbourcity #hcart
Twitter: @hkharbourcity  #harbourcity
Instagram: @harbourcity  #harbourcity #hcart

ソース:Harbour City

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。