logo

国内小売業界初 西友、食品PBメーカーへGFSI承認規格の認証取得を要請

合同会社西友 2015年06月18日 15時00分
From Digital PR Platform


合同会社西友は、食品の安全・安心への関心の高まりを背景に、食品プライベートブランド(PB)のメーカーに対して、国際水準の食品安全認証であるGFSI(グローバル・フード・セーフティ・イニシアチブ / 世界食品安全会議)承認規格の認証取得を要請することを決定しました。今回対象となるのは「みなさまのお墨付き」と「きほんのき」の加工食品メーカー(*1)です。対象となる食品PBメーカーの一斉認証取得に向けた取り組みは、国内小売業で初の試みとなります。西友では、認証取得に向けたサポートプログラムを提供し、2018年末までに全対象メーカーの取得を目指します。

2000年に設立されたGFSIは、食品安全に取り組むことの重要性に同意した世界70ヵ国400以上の小売業やメーカー、フードサービス業、ならびに食品サプライチェーンに関わるサービス・プロバイダーから業種を超えて食品安全専門家達が集まり、協働して食の安全に取り組む国際組織です。GFSIが承認する規格レベルのイメージは、品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」に代表されるマネジメントシステムの枠組みに、食品製造工程におけるリスク要因の分析・管理の国際規格である「HACCP(ハサップ)」を包含させた国際食品安全規格である「ISO22000(食品安全マネジメントシステム)」に、更に詳細な「PRP(前提条件プログラム)」が規定されているものとなります。食品安全の国際的な統一規格として、欧米をはじめアジア、アフリカ、南米の企業で広く浸透しています。

今回、西友では、市場が拡大しているPB商品について、世界的に認められた国際基準に基づく安全・安心な形での提供をめざし、PB「みなさまのお墨付き」と「きほんのき」のメーカー全269社のうちGFSI認証未取得の163社を対象に認証取得に向けたサポートプログラムを開始いたします。なお、対象メーカーの中には、すでにISO9001やISO22000を取得しているなど、各社の現在の認証取得状況に違いがあるため、各社の状況や希望に合わせた形でサポートを提供してまいります。

西友では、今後も、世界28ヵ国で展開する世界最大の小売業であるウォルマートのグループ会社として、グローバルスタンダードに基づく各国のオペレーションにおける知見やノウハウを活用しながら、常にお客様にとって価値ある商品の提供をめざしてまいります。


【サポートプログラムの概要】
・6月19日にサポート対象のメーカーへ概要説明会を実施し、各メーカーの状況・希望にそった対応を行います。
・サポートプログラムでは、GFSIが策定した承認規格の簡易版にあたる「グローバル・マーケット・プログラム」の基準に基づく監査実施を通して、各メーカーの食品安全レベルをGFSI承認規格認証レベルまで徐々にステップアップさせ、最終的に認証取得に至るようサポートします。監査費用は、西友にて負担します(*2)。
・既に、ISO22000あるいはISO9001を取得済みのメーカーで、希望がある場合は、「グローバル・マーケット・プログラム」の基準に基づく監査に替えて、GFSI承認規格と、取得済みのISO規格とのギャップ監査(現状の取り組みで、あと何をすればGFSI認証取得ができるのかを見極める監査)を実施することも可能です。監査費用は西友にて負担します(*3)。

*1 一部メーカーは除く
*2、3 本監査費用は除く

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。