logo

米国ミシガン州に北米最大級の3.6haの日本庭園がオープン

滋賀県 2015年06月23日 10時41分
From 共同通信PRワイヤー

2015年6月12日

滋賀県 商工観光労働部 観光交流局国際室

北米五大湖の一つ「ミシガン湖」と日本最大の湖「びわ湖」の絆
米国ミシガン州に北米最大級の3.6haの日本庭園がオープン
オープニングレセプションで滋賀県主催の大茶会を開催
比叡山延暦寺の第256世天台座主半田孝淳氏揮毫の掛け軸を寄贈。

滋賀県は、6月10日(現地アメリカ時間)に、米国ミシガン州にオープンする北米最大級(3.6ha)の日本庭園内で、県主催の茶会を開催しました。茶会では、滋賀県知事三日月大造が信楽焼などの茶碗に入れたお茶を振る舞い、姉妹友好関係にあるミシガン州と一層の交流を深めるとともに、滋賀の芸術や文化、県産品のトップセールスを行いました。

<県主催の茶会を開催>
ミシガン州グランドラピッズ市にある「マイヤーガーデン」に、北米最大級の日本庭園がオープンします。6月13日のオープンに先立ち、滋賀県は、日本庭園内の茶室にリック・スナイダーミシガン州知事などの要人を招いて茶会を開催。三日月知事から、「信楽焼」をはじめ、滋賀のやきものなどの芸術・文化の魅力をお伝えしました。
<開園式典でトップスピーチ>
マイヤーガーデンが主催した開園式典には、スナイダー州知事や佐々江賢一郎駐米特命全権大使など、全米から約600人が参加。式典では、滋賀の日本酒を用いた鏡開きに続き、三日月知事が、両県州の友好交流のさらなる発展についてスピーチを行いました。また、マイヤーガーデンへの記念品として、ユネスコ世界歴史遺産である比叡山延暦寺の第256世天台座主半田孝淳氏揮毫の掛け軸を贈呈しました。
<その他>
三日月知事は、上記予定に合わせ6月8日(月)~13日(土)に米国を訪問し、スナイダー州知事との会談やミシガン州立大学での講演等を行っています。

<ご参考>
【滋賀県とミシガン州との友好交流について】
滋賀県とミシガン州は、日本最大の湖「琵琶湖」と北米五大湖の縁で、昭和43年11月14日に、姉妹友好交流を開始。現在、県内11市がミシガン州の市などと姉妹都市交流を行っています。
【マイヤーガーデンについて】
米国中西部最大のスーパーマーケットチェーンであるマイヤー(Meijer)が出資する総面積57haの大型美術・植物庭園。年間約60万人が訪問。マイヤーガーデンでは、この日本庭園の開園に先立ち、2015年1月30日から8月16日まで、滋賀県の仏像、絵画、陶器等の美術品・文化財59点の特別展覧会が開催され、これまで約20万人が訪れています。
マイヤーガーデン滋賀特別展 
リンク

QOL滋賀について
滋賀県広報課では、今年度のPRキーワードとして「QOL滋賀 ~来てよし!食してよし!住んでよし!~」を掲げました。
滋賀県が有する琵琶湖を中心とする豊かな自然や歴史などの観光資源、「近江米」「近江牛」などに代表される高品質な食材や食文化、さらには全国に誇る「住みやすさ」など、滋賀の魅力を全国の皆さんに共感いただける広報活動を行っています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。