logo

信頼できるクルマを高く売り安く買う。中古車のソーシャルマーケットプレイス「Carnny」を2015年夏にリリース。本日より事前登録開始受付。

CARNNY株式会社 2015年06月08日 16時30分
From PR TIMES

中古車の個人売買市場の拡がりを加速させるサービスcarnny

CARNNY株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:祝真介)は、中古車のソーシャルマーケットプレイス「Carnny」を2015年夏にリリースいたします。また、リリース先立って本日6月5日(金)より告知および事前登録サイト(URL:リンク)の公開と事前登録の受付を開始します。



[画像1: リンク ]



■Carnnyの概要
Carnnyは所有するクルマをスマートに個人間で取引ができる場所を提供いたします。売却希望のユーザーは所有しているクルマを事前に登録することによって、購入希望のユーザーからの直接購入を可能にすることにより消費税や従来の無駄な中間コストを削減し、ユーザーに安価な価格での中古車の購入を可能にします。
また、整備点検や書類手続き、さらには査定などの専門業務をクラウドソーシングすることにより、購入ユーザーにとっても安価だけでなく、安心とスムーズな中古車の個人売買が可能なマーケットプレイスを提供いたします。

[画像2: リンク ]



■Carnny誕生の背景
代表のイワイが所有するクルマを売却しようとした際にFacebookを通じて呼びかけたところ、多くの友人が提示した価格は今までの複数の事業者から提示されていた金額を大きく上回るものでした。それもそのはずです、従来の中古車の流通には個人から個人の手に渡るまでに多くの事業者が関わる必要があり、消費税など個人にとって不必要な経費が非常に多いのが現状です。一方でネットオークションなどの個人売買では車両状態の信用性や購入後の保証対応が難しいだけでなく、名義変更や車両輸送などの非常に煩雑な手続きが必要となり、中古車流通数における個人売買の比率は先進国のなかでも著しく低いものとなっています。
そこで私達は、カーライフの主役である各個人がスマートに中古車を取引するために、安心と安価を組み合わせて提供できるCarnnyを利用いただければと考えています。


■Carnnyが目指す世界
現在国内における中古車流通台数300万台超のうち、個人間での中古車売買は1%とも言われています。しかし、その他の先進諸国を見渡してみるとは消費税の高い国ほど中古車流通における個人売買の比率は非常に高く、日本が諸外国に比べて異常に数値が低いことがわかります。この点 、車検制度や名義手続きなどの仕組みの煩雑さから従来のオートオークションや中古車事業者を通した仕組みにより多くの中間コストが発生していましたが、インターネットによって個人間を直接つなぐだけでなく、複雑な手続きや中古車の保証をCarnnyにて提供することによって多くのユーザーが直接取引を行うことを可能にし一層の市場の拡大に貢献していきたいと考えております。

また国内の中古車市場は縮小しておりますが、世界に目を向けたときアフリカや東南アジアなどの新興国をはじめとした多くの国が日本車をはじめとした中古車を必要とし、中古車の輸出台数は拡大の一途を辿っています。もちろん国内のユーザーにしっかりと安心して使っていただけるサービスを構築することが最優先課題ではありますが、ゆくゆくは世界中のユーザーにとってのスマートな中古車マーケットプレイスを提供していきたく考えています。


[画像3: リンク ]



【会社概要】
・会社名:CARNNY株式会社 (英名:CARNNY, Inc.)
・本社所在地:東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル6F
・設立年月日:2015年3月23日
・事業内容:インターネットメディアCarnnyの開発・運営
・代表取締役CEO:祝 真介(イワイ シンスケ)
・URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。