logo

Global Cleantech Summit 2015はスマートソリューションを提示

フィンランド雇用・経済省 2015年05月27日 15時45分
From 共同通信PRワイヤー

Global Cleantech Summit 2015はスマートソリューションを提示

AsiaNet 60634 (0699)

【ヘルシンキ2015年5月27日PRN=共同通信JBN】
*アニル・K・グプタ博士「世界規模の問題解決には世界規模で合作したソリューションが必要である」

Global Cleantech Summit 2015(2015年世界クリーンテック・サミット)が9月ヘルシンキで開催され、世界が現在抱える課題について国際的な討議とイノベーション・フォーラムが開かれる。サミットでは気候変動をはじめとする喫緊の環境問題が与える影響の緩和策、クリーンテクノロジーによるよりよい未来のための効果的な措置およびその継続方法などを話し合う。

Global Cleantech Summitは、企業役員、政策決定者、投資家、研究者をはじめすべての関係者がクリーンテック・ソリューションを提供できる機会について話し合うための1つのプロセスとなり、そのプラットフォームとなる。サミットは、このソリューションの知見、ビジネスコンタクト、北欧における成功事例を提供する。

中国とインドは過去、現在、未来において、世界で最も急成長する経済である。しかし、環境の観点から見ると、両国経済の成長は悲惨な環境問題を引き起こす「ダーティー」な成長によるところが大きい。多くのフィンランド企業は、この問題をビジネスチャンスに転じてきた。将来の成功物語はいま作られ、ひょっとしたらそれはヘルシンキで始まる、とサミットの基調講演者の1人、アニル・K・グプタ博士はコメントする。

アニル・K・グプタ博士は、世界をリードする戦略・グローバリゼーション専門家の1人として広く認められている。Thinkers50は博士を世界で最も影響力のあるマネジメント・シンカーの1人として選んだ。グプタ教授は、中国、インド両国の経済成長、その結果として生じた環境問題、両国がつかむことができるクリーンテックのチャンスについて講演する。

Global Cleantech Summitは将来のビジネスチャンスを考察

Global Cleantech Summit 2015は未来のビジネスの可能性を提示する。世界中の企業が自らの専門領域で、現時点における重要な環境問題に対する具体的な商用ソリューションを提供してきた実施例は多数ある。フィンランド企業は、再生可能エネルギー技術、新素材、エネルギー効率に優れたソリューション、工業、建設、船舶向けサービス、水のリサイクル用の化学溶剤、気象観測所など、広範なクリーンテクノロジーを保有することでよく知られている。最近では、輸送向けのバイオ燃料、廃棄物を製品およびエネルギーに変換、廃棄物選別ロボット、風力と太陽エネルギー・スマートグリッド、屋内空気清浄、エネルギー効率に優れた照明、新しい輸送・配送ソリューションなどのイノベーションが加わった。

クリーンテックはフィンランドで急成長するセクターの1つであり、大きな国内市場がなくても成功できることを実証した。クリーンテック・セクターはフィンランドで約5万人を雇用し、2020年までに同セクターでは4万人の仕事を創出するとみられている。

欧州委員会成長総局(DR GROW)のアンティ・ペルトマキ副総局長は「この雇用人数は、人口500万強の国としては極めて大きい数字である。輸送、循環型経済、機動的なスマートグリッドなど、フィンランドのスマートソリューションから学ぶ具体的な教訓が多くある」と語った。ペルトマキ副総局長はサミットの基調講演者の1人で、9月9日に欧州産業の活性化について講演する。

サミットは9月8日、世界規模の変化、バリューチェーン、ビジネス協力について話し合う。9月9日の会議では、世界規模の産業革命と分業についての議論を継続する。午後のセッションでは、世界規模のグローバルチェーン、主要な実現技術、将来のモビリティーなど、さまざまなアングルから同問題をレビューするとともに、世界中のクリーンテック成功事例についての洞察を提供する。鉱物セクターの課題とチャンスについては9月10日のCleantech Innovations in Minerals Production Conference(鉱物生産クリーンテック・イノベーション会議)で話し合われる。北極地域に関連する問題には特別の関心が払われる。

会議のゲストは9月10日さまざまな企業を訪問し、クリーンテクノロジーの実装方法について知る機会がある。ゲストは、ヘルシンキにあるスマートライフと海洋クリーンテック見学、やや離れた場所にある廃棄物最終処理施設の見学、ロシア国境近くの高度なバイオ施設見学のいずれかを選択できる。

Global Cleantech Summit 2015は9月8日から10日までヘルシンキで開催される。サミットは、すべての関係グループのつながりを醸成し、国際的なロードマップと有望なビジネス提携関係を取り結ぶことを目指している。今回の3日間のイベントはフィンランド雇用・経済省の協力を受け、フィンランドのクリーンテクノロジーの最先端を代表する多数のパートナーとともに開催される。

Global Cleantech Summit 2015は9月8日から10日までヘルシンキで開催される。サミットは、企業役員、政策決定者、投資家、研究者をはじめすべての関係者がクリーンテック・ソリューションを提供できる機会について話し合うための1つのプロセスとなり、そのプラットフォームとなる。サミットは、すべての関係グループのつながりを醸成し、国際的なロードマップと有望なビジネス提携関係を取り結ぶことを目指している。サミットはフィンランド雇用・経済省の協力を受け、フィンランドのクリーンテクノロジーの最先端を代表する多数のパートナーとともに開催される。

リンク

ブレインストーミングに参加するにはウェブサイトリンク を参照。

▽問い合わせ先
Kaisu Annala
Strategic Director
Cleantech, Ministry of Employment and the Economy
tel. +358-50-383-6109
kaisu.annala@tem.fi

▽報道関係問い合わせ先
Mikko Myller
Information Officer
Ministry of Employment and the Economy
tel. +358-29-504-8054
mikko.myller@tem.fi

ソース:Ministry of Employment and the Economy

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。