logo

BPM-EAI連携BPMSの最新版「DataSpider(R) BPM 2.3」 出荷開始

─ 業務効率向上支援とプロセスフロー機能を強化 ─

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小野 和俊)は本日、同社が開発、販売するBPM製品「DataSpider BPM」)の最新バージョン2.3を発表します。
最新バージョンの2.3では、業務マニュアル機能を強化し、業務効率向上を支援します。また、プロセスフローへの機能追加により、これまでより高度な処理を実現できるようになりました。さらに、選択肢マスタの更新機能を強化しています。またDataSpider Servista)と組み合わせることで、ヒューマンフローであるBPMと、システムフローであるEAIとを統合し、さらなる業務の効率化・スピードアップを支援します。

BPM-EAI連携BPMSの最新版「DataSpider(R) BPM 2.3」 出荷開始
─ 業務効率向上支援とプロセスフロー機能を強化 ─

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小野 和俊、以下 アプレッソ)は本日、同社が開発、販売するBPM製品「DataSpider BPM」(*1)の最新バージョン2.3を発表します。
最新バージョンの2.3では、業務マニュアル機能を強化し、業務効率向上を支援します。また、プロセスフローへの機能追加により、これまでより高度な処理を実現できるようになりました。さらに、選択肢マスタの更新機能を強化しています。またDataSpider Servista(*2)と組み合わせることで、ヒューマンフローであるBPMと、システムフローであるEAIとを統合し、さらなる業務の効率化・スピードアップを支援します。

(*1)【DataSpider BPM について】
DataSpider BPM は、業務全体の流れをモデル化し、管理・改善を実践するためのBPMソフトウェア製品で、業務ワークフローの作成、実行、監視、管理を行う機能を含み、BPMの標準記法であるBPMN(Business Process Modeling Notation)のサブセットを使用するモデリングと、GUIベースのドラッグ&ドロップの容易な操作が特長です。

(*2)【DataSpider Servistaについて】
DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの知識を必要としないGUI環境を提供し、Amazon Web Services や kintone をはじめとするクラウドサービス、データベース、アプリケーション を手軽に接続できるアダプタを介し、データ連携の自動化と業務の効率化を支援します。


【DataSpider BPM 2.3の主な新機能】

1. 業務マニュアル機能
業務責任者が業務マニュアルを編集できる機能を追加しました。また、タスク実行画面から業務マニュアルを表示できるようになりました。一般従業員(入力担当者)は、業務の流れ図や注意事項を確認しながら処理をすることができ、業務効率向上を期待できます。

2. 新しいデータ型 「組織型」
「組織型」を定義することにより、より複雑な業務ルールを設定することができるようになります。

3. 選択肢マスタ 自動上書き機能
業務横断的に利用される選択肢マスタを自動更新する機能を追加しました。例えば商品マスタを定期的に取り込み、各業務で利用することができます。 DataSpider Servista と連携させることにより、データベースに登録されている内容を、選択肢マスタとして利用することができます。

4. メッセージ開始イベント(フォーム) ※ベータ機能*
アカウントを持たない利用者が、データを入力できるWebフォームを作成できます。これにより、問合せフォームをWebサイトに埋め込むことができ、お客様からの問合せをきっかけに、簡単に業務プロセスを開始することができます。

5. データ自動編集機能 ※ベータ機能*
「スクリプトタスク」により、プロセスの途中により複雑なデータ加工を設定できるようになります。

*【ベータ機能について】
- 今後のバージョンにて互換性が保たれない可能性があります
- 製品検証で発見できなかった不具合が含まれる可能性があります


【DataSpider BPM 2.3 システム要件】

<サーバ>
・CPU :OSが推奨するシステム要件を満たすプロセッサ
・Memory :2GB 以上
・OS:
 Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter SP2 (x64 版)
 Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter SP1 (x64 版) *
 Microsoft Windows Server 2012 Essentials/Enterprise/Datacenter (x64 版) *
 Microsoft Windows Server 2012 R2 Essentials/Enterprise/Datacenter (x64 版) *
 *【OS について】
 Windows Server インストールオプションがフルインスト―ルの場合のみサポートされます
・Java :Java Runtime Environment(JRE)8
・DataBase :PostgreSQL 9.2

<クライアント>
・動作確認済みブラウザ
 PC:Internet Explorer 9, 10 / Mozilla Firefox 35 / Google Chrome 40
 スマートフォンおよびタブレット端末:
 Android 2.3、4.2 native browser、iOS 8.1 (iPhone/ iPad) native browser
・Flash :Adobe Flash Player バージョン16
・PDF 帳票作成 :Adobe Acrobat Pro 10.1.4 以降
 ※サービスタスク(PDF生成)機能を使用する場合において、PDFフォーム帳票を作成するユーザのみ必要です。

BPM-EAI連携を行う場合
・DataSpider Servista 3.2 SP1以降


【製品名】

DataSpider BPM バージョン2.3 (BPM製品)
DataSpider BPM suite バージョン 2.3 (BPM製品とEAI機能のセット販売製品)


【出荷開始日】

2015年5月27日


【価格】

・基本パッケージ:
 通常版150 万円(税別)/CPU 
 多言語対応版 250 万円(税別)/CPU ※2CPU 目以降 150 万円(税別)
・ユーザパック :50ユーザパック 100万円から
・年額サポート料金 :ライセンス価格の20%(初年度より課金)


【株式会社アプレッソについて】

株式会社アプレッソ
〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長 小野 和俊
設立: 2003年12月 
資本金: 2億6700万円

「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider Servista」は発売以来、国内2,200社以上のお客様にご導入いただいております(2015年3月現在)。アプレッソは、多くの販売パートナーとのサポートやコンサルティング・サービスでの協業により、広範な企業ユーザの開発効率、生産性、コスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問い合わせ】

株式会社アプレッソ 営業担当
TEL: 03-4321-1111 FAX: 03-4321-1112 E-Mail: info@appresso.com
アプレッソWebサイト: リンク
DataSpider BPM Webサイト: リンク


【商標関連】

・APPRESSO、DataSpider、DataSpider Servista、DataSpider BPM、PIMSYNC、Thunderbus、アプレッソ、データスパイダー、データスパイダー サービスタ、サンダーバス、データスパイダー ビーピーエム、ピムシンクは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。