logo

「どんな会議」もつながる!つなげる! 次世代 any-to-any ミーティングプラットフォームサービス「STAR-anyMeeting」の提供を開始

スターネット株式会社は、次世代 any-to-any ミーティングプラットフォームサービス「STAR-anyMeeting」をスタート。既存のテレビ会議専用端末だけでなく、UCシステム、PC、スマートフォン、タブレットなど、多くのデバイスとつながります。

ネットワークインテグレータのスターネット株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:田坂吉平)は、次世代 any-to-any ミーティングプラットフォームサービス「STAR-anyMeeting」の提供を、5月20日より開始しました。

▼STAR-anyMeeting : リンク

■次世代 any-to-any ミーティングが可能に
近年、企業のコミュニケーション環境は、グローバル化、ワークスタイル変革、業務スピードアップなどの変化にともない、「いつでも」「どこからでも」といったユビキタス環境でのコミュニケーションニーズがますます高まっています。スターネットではこうしたお客様のご要望にお応えするため、次世代any-to-anyミーティングプラットフォームサービス「STAR-anyMeeting」の提供を開始しました。

「STAR-anyMeeting」は、場所・接続数・メーカー・機種・方式にかかわらず「どんな会議」もつながる、つなげる会議システムです。お客様の環境に合わせた新たなコミュニケーションインフラとして、ご活用いただけます。

■「STAR-anyMeeting」の特長
1. 手軽なクラウドサービスとして提供
MCU(多地点テレビ会議接続)機能をお客様のご利用形態に合わせたクラウドサービスとして提供します。サーバを共有する「タイプA」と、専有サーバを利用する「タイプC」の2種類をご用意しています。

2. any-to-any接続を実現
既存のテレビ会議専用装置だけでなく、パソコン、スマートデバイス、Lync2013/Skype for Business等の各種UCシステムなど、多くのデバイスとつながります。

3. 標準でHD(高精細画質)に対応
テレビ会議やWeb会議システムでは標準となりつつあるHD(高精細画像)に対応しており、追加料金なしでHD画質でのご利用が可能です。(デバイスがHD対応の場合)

4. グローバル対応
海外アクセスポイントにもMCU機能を分散配置し、国際ネットワーク間の帯域抑制と広帯域のバックボーン回線により、安定した通信品質を実現します。

【「STAR-anyMeeting」について】
<サービスタイプ>
タイプA:共有サーバをインターネットから接続してご利用頂くタイプ
タイプC:専有サーバを閉域ネットワークやインターネットから接続してご利用頂くタイプ

<利用可能ネットワーク>
IPのみ(ISDN接続は未サポート)

<仮想会議室>
タイプA:動的会議室(パスワードあり)
タイプC:動的会議室(別途予約システム必要)
固定会議室

<予約システム>
タイプA:スターネット会議予約サイト利用
タイプC:別途オプション

<多地点会議機能> 
呼出方法:ダイヤルインのみ
画面レイアウト:1+7単画面(話者切替)
資料共有:あり

<サービス利用時間> 
365日24時間

<料金>
タイプA:初期費用 100,000円
     月額費用 基本料金 10,000円/月
          従量料金 60円/分・ポート
タイプC:初期費用 100,000円
     月額費用 基本料金  30,000円/月
          ポート料金 20,000円/月・ポート
※価格は全て税抜き表示です。
※掲載されている会社名、製品名、サービス名はそれぞれ各社の商標もしくは登録商標です。

【スターネット株式会社について】
所在地:大阪市中央区北浜4-7-28 住友ビル2号館3F
代表者:代表取締役社長 田坂 吉平
設立:1986年4月23日
資本金:480百万円
事業内容:ネットワークインテグレーション事業及びネットワークサービス事業
URL:リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:スターネット株式会社
 担当:STAR-anyMeeing 担当者
 TEL 東京営業部03-5785-6911 大阪営業部06-6220-4500
 (リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。