logo

Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編」を公開しました。

###

Directoryが出てきたら次はfileでしょ、ということで、SplFileObjectクラスのお話を少ししていきたいと思います。
SplFileObjectクラスのインスタンスは以下のように作成が可能です、ってところをまず押さえておきましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名(文字列));

では、例えば「1行づつデータを取得していく」ようなプログラムを、
SplFileObjectクラスを使って書いてみましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); //

古いバージョンのPHPの場合はこちらで
while(false === $file_obj->eof()) {
$awk[] = $file_obj->fgets();
}
var_dump($awk);

これだけだと「file関数でいいじゃん」となるのですが、調査用サンプルなのでそのあたりはお目こぼしのほどを。
さて…このコードですが。
ぶっちゃた所、以下とあんまり変わりがなさそうに見えます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。