logo

宮城谷昌光 最新刊『劉邦【上巻】』発売

株式会社毎日新聞社 2015年05月15日 20時28分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月15日(金)

毎日新聞社

中国歴史小説の巨匠として知られる直木賞作家・宮城谷昌光氏。
その作家生活25周年を記念した大作
「劉邦」(全三巻)が発売開始されます!
宮城谷昌光 最新刊『劉邦【上巻】』発売

中国歴史小説の巨匠として知られる直木賞作家・宮城谷昌光氏。
その作家生活25周年を記念した大作「劉邦」(全三巻)が発売開始されます!

宮城谷昌光 最新刊『劉邦【上巻】』2015年5月16日発売

【上巻】
●5月16日発売
●定価(本体1600円+税)
●四六判・上製 360頁

〈宮城谷昌光 作家生活25周年記念作品〉
毎日新聞朝刊に連載され、大きな反響を集めた大作。「項羽と劉邦」で知られる
漢の高祖・劉邦を主人公に、天下人の器とは何かを描き出した傑作長編小説である。

〈あらすじ〉
秦末、王朝を覆す「天子の気」を遠望した始皇帝は、その気を放つ者を殺すように命じる。配下に襲われた泗水亭長・劉邦は、九死に一生を得る。始皇帝の死後、陵墓建設のため、劉邦は百人の人夫を連れて関中に向かうことを命じられるが……。

酒好きで女好き、一介の農民の子に過ぎなかった劉邦が、なぜ中華全土を統一する王となるに至ったのか? 
秦末の混乱期における劉邦と仲間たちの挙兵から、天下を分ける項羽との決戦まで、圧巻のスケールで展開! 
稀代の英雄譚の新たなる序章が幕をあける。

宮城谷昌光「劉邦がこれほどおもしろい男だとはおもわなかった」

──怒濤の【中巻】へ!
最強のライバル・項羽台頭!
二人は次々と秦の城を攻め落とすが……。

三巻順次刊行(中巻)6月刊 (下巻)7月刊予定

著者プロフィール
宮城谷昌光(みやぎたに・まさみつ)1945年、愛知県蒲群市生まれ。
1990年『天空の舟』でデビュー、新田次郎文学賞。『夏姫春秋』で直木賞、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、『子産』で吉川英治文学賞を受賞。
主な作品に、中国古代に材をとった歴史小説『管仲』『楽毅』『晏子』『王家の風日』『奇貨居くべし』『太公望』『三国志』『草原の風』と、
日本の戦国時代を描いた『新三河物語』『風は山河より』がある。

〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞出版 営業本部 TEL 03-3212-3257
〈ホームページ〉リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。