logo

これまでにないエコ(省エネ・節水)を実現する「加温自動水栓」を発売

株式会社LIXIL 2015年05月14日 18時57分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月14日

LIXIL

コンパクトな瞬間加温技術採用で放熱ロスを大幅ダウン
これまでにないエコ(省エネ・節水)を実現する「加温自動水栓」発売
~「ちょうどいい」使いやすさを追求したパブリック向け自動水栓~

 住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、これまでにないエコ(省エネ・節水)を実現するパブリック向け自動水栓「加温自動水栓」を2015年5月1日より全国で発売しています。

 パブリックトイレのパウダースペースにおける行為を調査※1したところ、そのほとんどが「手洗い」「うがい」「歯磨き」に集中していることがわかりました。

 この結果をもとに吐水量、吐水温度について、使用者の「ちょうどいい」を検証すると、吐水量は1.7L/min、吐水温度は21~26℃ということが判明※2しました。そこで「必要な量」を「必要な温度」で「必要な時」だけ加温できれば、快適さをそこなわず、大幅に省エネを実現できることがわかりました。
※1 当社調べ
※2 当社が実施したモニター調査結果

 「加温自動水栓」は、この検証結果をもとに「量・温度+瞬間加温」という新たな視点で開発し、これまでにない高い省エネ効果(当社従来比90%カット)を実現したパブリック向け自動水栓です。コンパクトで昇温スピードが速いセラミックヒーターを採用することで、溜めたお湯の保温をせず、通水時のみ瞬間加温するタンクレス方式とすることで、タンク保温のためのエネルギーを100%削減しています。また進化したLIXILの節水技術「エコフル吐水」も採用することで省エネに加え節水も実現しています。

 さらに、電源タイマー設定が不要な「省メンテナンス」、洗面器間ピッチ500mmでもスッキリ収まるコンパクト設計による「省スペース」、軽量(約3kg)かつ施工時の接続箇所が3ヵ所で済む「省施工」の3つの「省」も同時に実現しています。オーナーさまや施工業者さまにも「ちょうどいい」使いやすさの自動水栓です。

 LIXILは、今後も公共施設や学校、オフィス、病院などのパブリックトイレ空間の快適さを技術とアイデアでより高めてまいります。

<参考資料>
■開発背景:
パブリックトイレのパウダースペースにおける行為を調査したところ、そのほとんどが「手洗い」「うがい」「歯磨き」に集中していていました。
そこで、その行為に絞ったうえで吐水量、吐水温度について使用者の「ちょうどいい」を検証すると、吐水量は1.7L/min、吐水温度は21~26℃が判明。そこで、「必要な量」を「必要な温度」に「必要な時」だけ加温することで、最小限のエネルギーでパウダースペースでの行為に十分満足いただけるシステムができると考えました。

■商品特長:
1.「省エネ・節水」: 瞬間加温×エコフル吐水で、ムリせずエコを実現
コンパクトで昇温スピードが速いセラミックヒーターを採用し、流水を瞬間加温。タンクレス方式としタンクの保温を100%カット、これまでにない高い省エネ効果(従来比90%カット)を実現しました。節水しつつも、流量に十分な満足感を感じられる弊社独自の節水技術「エコフル吐水」を採用しています。

2.「省メンテナンス」: 自動制御機能でメンテナンスに手間がかからない
吐水温度を26℃に設定の場合、水道水が冷たい冬は26℃に加温して吐水。水温が高くなる夏には加温をストップします。自動制御で行うため、面倒なタイマー設定は不要です。

3.「省施工」: 止水栓内蔵で簡単施工
本体質量は約3kgと軽量で簡単に壁掛設置が可能です。また、接続箇所は3ヵ所と少ないため、施工にかかる手間を大幅に短縮します。

4.「省スペース」: タンクレスでコンパクトなデザイン
22Lの2ヵ所給湯の設計よりもコンパクト。洗面器間ピッチ500mmでもスッキリ収まります。洗面所の省スペース化や混雑緩和のための器具数増加などにも有効です。

■発売時期: 2015年5月1日
■発売地域: 全国
■仕  様: 幅162×奥行122×高さ303(mm)、本体質量3kg
■価  格: 189,800円(消費税・施工費別)

なお、本文リリースはこちらになります。
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。