logo

なぜ米国のエンジニアの給与が高いか推測してみる

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「なぜ米国のエンジニアの給与が高いか推測してみる」を公開しました。

###

改めまして。吉政創成株式会社の吉政忠志と申します。吉政創成はマーケティングのアウトソーシングの会社ですが、
ヒューマンリソシア社で推進していただいているRails技術者認定試験やPHP技術者認定試験の責任者を
私がしていることもあり、そのご縁でこのコラムを連載しています。



今回は「米国のRuby on Railsエンジニア平均年収が1300万円。このデータを解説するとともに、
なぜ米国のエンジニアの給与が高いかも推測してみる」について書いてみます。



さておき、ご存知の方も多いと思うのですが、Ruby on Railsが米国の調査で平均年収が1300万円になり、
高額平均給与ランキングで1位になりました。データソースはこちらです。



平均年収は集計の方法によってかなり差が出ます。日本でも複数の平均年収の調査結果が公表されていますが、
求人サイトの場合であれば、その求人サイトが高額の求人を扱っているかどうかにより、かなり差が出てしまいます。
例えば、先日HRogで公開されたRubyの求人平均年収が366万円(全体で2位の高額ポジション)のデータが
公開されました。



このデータを見て、「ふっ意外に俺、高額かも」と安心した人や「業界としてまずいんじゃね」と
思った方々もいると思います。一方でワークポートが2011年2月に公開した調査結果によると、
Rubyの求人平均年収は500万円とでています。また、Indeed Japanの2014年5月のデータを見ますと、
全求人案件4136件のうち年収700万円以上の求人が785件となり、全体の18.9%が年収700万円以上の
求人となっています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。