logo

ステンレス爪ロック式結束バンドより優れた耐振動性と耐衝撃性!艤装配線用結束バンド「Zタイ」新発売!

ヘラマンタイトン株式会社 2015年05月14日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

2015年5月14日(木)

ヘラマンタイトン株式会社

ステンレス爪ロック式結束バンドより優れた耐振動性と耐衝撃性!
艤装配線用インシュロック(結束バンド)「Zタイ」販売開始について
―2015年5月27日販売開始―

「インシュロック(R)*1」でおなじみの、結束バンド総合メーカー ヘラマンタイトン株式会社 リンク(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:塚本敏広)は、ステンレス爪ロック式結束バンドより、優れた耐振動性と耐衝撃性を実現した、プラスチック一体成形結束バンド「Zタイ」 リンクの販売を5月27日に開始致します。


───────────────
【Zタイの特長】
───────────────

1.抜群の耐振動性
振動試験*2を行った結果、ステンレス爪ロック式結束バンドよりも遥かに優れた耐振動性があることが証明されました。プラスチック一体成形の強みを活かした設計で、ステンレス爪ロック式結束バンドが20秒前後で破断したところ、「Zタイ」 リンクは3時間経過後も破断しませんでした。

2.抜群の耐衝撃性
落下衝撃試験*3を行った結果、ステンレス爪ロック式結束バンドよりも遥かに優れた、耐衝撃性があることが証明されました。結束した状態で、600mmの高さから1kgの錘を落下させても破断しませんでした。

3.ループ引張強度(規格値)
ループ引張強度*4は、355Nと抜群の強度で、ステンレス爪ロック式結束バンドに比べると最大で約60%アップしています。

4.作業性が良い、軽い挿入抵抗
バンドをロック部のヘッドに挿入する際、ステンレス式結束バンドに比べて約40%以下に低減された軽い挿入抵抗*5で、作業性がアップします。


製品詳細(弊社Webサイト)↓
リンク



*1:「インシュロック」は、ヘラマンタイトン株式会社の登録商標です。

*2:【試験条件】 使用マンドレル:φ55mm/結束工具:MK9(高緊縛状態)/試験品:ZタイZ130R-HSW(幅7.8mm)と他社製ステンレス爪ロック式結束バンド(幅6.9~7.0mm)で比較。
【試験方法】 マンドレル結束後、可動側マンドレルを振動方向へ引っ張り、内圧のかかった状態にし、振動させ、結束が外れるまでの時間を比較。

*3:【試験条件】 使用マンドレル:φ55mm/結束工具:MK9(高緊縛状態)/錘1kg/試験品:ZタイZ130R-HSW(幅7.8mm)と他社製ステンレス爪ロック式結束バンド(幅6.9~7.0mm)で比較。
【試験方法】 マンドレル結束後、結束バンドが破断するまで錘の落下高さを徐々に上げ実施。

*4:ZタイZ80R(幅5.0mm)と他社製ステンレス爪ロック式結束バンド(幅4.8mm)で比較。
※ループ引張強度(試験)とは、結束バンドの強度を測る際に使われる一般的な試験方法で、円を上下2つに割った形状のマンドレルの外周にバンドを巻きつけて、マンドレルを上下に引き離した際に、バンドが破断したときの力を測定した数値です。

*5:ZタイZ130R-HSW(幅7.8mm)と他社製ステンレス爪ロック式結束バンド(幅6.9~7.0mm)で比較。



───────────────
製品仕様
───────────────

■製品名
Zタイ

■用途
高い耐振動性と耐衝撃性が求められる環境での使用。
鉄道車両、自動車、船舶などの艤装配線結束用として。

■仕様
色:乳白(標準グレード)・黒(耐熱・耐候グレード)
材質:66ナイロン
常時使用温度範囲:-40℃~+85℃(標準グレード)・-40℃~+110℃(耐熱・耐候グレード)
ハロゲンフリー
RoHS 適合
鉄道車両用材料燃焼試験 燃焼試験判定:難燃性

■サイズ
標準グレード、耐熱・耐候グレード共に、全長101mm~402mm、幅2.7mm~7.8mmまでの6サイズ。

■価格
オープン



──────────────────
ヘラマンタイトンについて
──────────────────
HellermannTyton(ヘラマンタイトン)グループは、1938年に英国で設立されて以来70年以上にわたり、インシュロックをはじめとした、結束、固定、識別、絶縁、保護、管理、接続商品の製造・販売会社として世界各国で活躍してきました。現在グループの商品は電気・電子機器、自動車、通信を中心に世界中の様々な業界で使用されています。
日本法人は1970年に設立され、研究開発部門から金型製造、設計、物流、品質保証部門まで同一敷地内に配置した国内工場で、高品質なヘラマンタイトン製品を生産し続け、お客様からのご支持を長年にわたりいただいております。

ヘラマンタイトンWebサイト↓
リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。