logo

学習院大学理学部が5月30日に第17回生命科学シンポジウム「生命の秘密を解く鍵をもとめて」を開催

学習院大学 2015年05月13日 08時05分
From Digital PR Platform


学習院大学理学部は、5月30日(土)に第17回生命科学シンポジウム「生命の秘密を解く鍵をもとめて」を開催する。当日は、JT生命誌研究館、東京大学大学院、広島大学大学院、岐阜大学大学院から講師を招き、生命科学分野のさまざまな最先端研究についての講演会を行う。受講料無料、事前予約不要。


 学習院大学は、2008年に大学院自然科学研究科に生命科学専攻を設置し、2009年に理学部生命科学科をスタートさせた。翌2010年には活動拠点である南7号館が完成し、生命科学の先端的な研究を行っている。

 生命科学シンポジウム「生命の秘密を解く鍵をもとめて」は、同大が生命科学科の開設を記念して開催しているもの。17回目となる今回は、JT生命誌研究館、東京大学大学院、広島大学大学院、岐阜大学大学院から第一線の研究者が登壇し、深海生物の生態や新生児マススクリーニングなどについて講演を行う。

◆第17回生命科学シンポジウム「生命の秘密を解く鍵をもとめて」 概要
【日 時】 5月30日(土) 14:00~17:30
【場 所】 学習院大学 西5号館 202教室(東京都豊島区目白1-5-1)
【アクセス】
 ・JR「目白」駅下車徒歩約3分
 ・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車徒歩約7分
 リンク
【講演内容】
1.「アゲハチョウはどうやって食草を見分けるのか?遺伝子と行動の両面からさぐる」
 JT生命誌研究館・研究員 尾崎克久
2.「脳のネットワーク:そのはたらきと病気との関連」
 東京大学大学院 医学系研究科・教授 岡部繁男
3.「謎の深海生物にさぐる宇宙生命の可能性」
 広島大学大学院 生物圏科学研究科・准教授 長沼毅
4.「新生児マススクリーニングと先天代謝異常症」
 岐阜大学大学院 医学系研究科・教授 深尾敏幸
【主 催】 学習院大学理学部
【後 援】 豊島区

※詳細は下記を参照
 リンク

●学習院大学HP
 リンク
●学習院大学理学部HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学習院大学理学部生命科学科 安達 卓
 TEL: 03-3986-0221
 FAX: 03-5992-1029

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。