logo

楽天Kobo、電子出版サービス「楽天Kobo ライティングライフ」の本格提供を開始

楽天株式会社の子会社であるRakuten Kobo Inc.は、無料で電子書籍を出版できるサービス「楽天Koboライティングライフ」の本格提供を、本日から開始しました。

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)の子会社であるRakuten Kobo Inc.(本社:カナダ トロント市、CEO:相木 孝仁、以下「Kobo社」)は、無料で電子書籍を出版できるサービス「楽天Koboライティングライフ」の本格提供を、本日から開始しました。


個人や出版社は、同サービスにユーザー登録をした上で、EPUB3フォーマットに変換された書籍データを、電子書籍作成ページにアップロードして販売価格や書籍情報などを入力すると、一定の審査を経た後、「楽天Kobo電子書籍ストア」で電子書籍を販売することが可能となります。同ストアで書籍が売れると、ユーザーは作品の販売価格に応じて設定されたロイヤルティー(著作料)を受け取ることができます。


「楽天Koboライティングライフ」のロイヤルティー率は、販売価格によって45%か70%に分かれており(注1)、得られるロイヤルティー額を簡単に計算することができます。価格を無料(0円)に設定したり、時期によって販売価格を変更したりすることもできるので、ロイヤルティーにこだわらず多くの人に自作を読んでもらいたい場合や、期間を決めてプロモーション価格を設定したい場合などに、柔軟に価格を設定することが可能です。
「楽天Kobo電子書籍ストア」で発売した書籍は、累計販売部数や特定期間での売れ行き推移(注2)、ロイヤルティー額の実績などを、「楽天Koboライティングライフ」の「ダッシュボード」ページから確認することができます。


Kobo社は同様のサービスを、世界160カ国以上、約80言語で展開しており、登録ユーザー数は約4万人に上ります。日本では、2014年12月からベータ版を運用してきました。ベータ版の利用者の声を受け、ユーザーが電子書籍の発売日より前に予約注文を受け付けることができる予約販売機能を追加し、本格提供することになりました。なお、同サービスの利用方法などをまとめた『楽天Koboライティングライフ公式ガイド』(著者: 村上俊一、出版社: インプレス、価格: 800円、URL: リンク )を、本日から「楽天Kobo電子書籍ストア」で独占先行販売しています。


Kobo社は今後も、読書や出版に関する様々なユーザーのニーズに応えるサービスを提供してまいります。


注1: パブリックドメインのコンテンツの場合、一律20%
注2: 無料コンテンツは累計ダウンロード数のみ表示


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■□ 「楽天Koboライティングライフ」概要 □■

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


■URL: リンク


■利用方法:
1. 楽天会員IDを使って「楽天Koboライティングライフ」のアカウントを作成
2. 連絡先やロイヤルティの受取銀行口座などを登録
3. 電子書籍作成ページに、タイトルや著者名などの情報を入力し、書籍データ(100MB以下のEPUB形式)や表紙画像(5MB以下のJPEGかPNG)をアップロードして入稿。価格などを設定し、出版手続きが完了
4. コンテンツの審査を経て、「楽天Kobo電子書籍ストア」で発売
5. 発売後の電子書籍の売上実績を、「ダッシュボード」ページで確認


以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。