logo

Unfors RaySafeがRaySafe X2用に新しいサーベイセンサー発表

Fluke Biomedical 2015年04月28日 10時32分
From 共同通信PRワイヤー

Unfors RaySafeがRaySafe X2用に新しいサーベイセンサー発表

AsiaNet 60283 (0540)

【エバレット(米ワシントン州)2015年4月28日PRN=共同通信JBN】X線品質保証ソリューションの世界リーダーであるUnfors RaySafeはX線測定システムのRaySafe X2の能力を拡大する新しい放射線サーベイセンサーを発売した。

Photo - リンク
Logo - リンク

RaySafe X2 サーベイセンサーはX線エネルギー域の精密な調査測定用の最も簡単で速いソリューションである。これは継続的に拡大するRaySafe X2 X線測定システムへの最新の追加製品で、診断用X線アプリケーションの漏えい、拡散測定行う能力を追加する。

Unfors RaySafeのマグナス・クリストファーソン最高経営責任者(CEO)は「顧客はほかのRaySafe X2センサーで知っているシンプルなデザインが前例のない正確さ、感度と一緒になっているの知って喜ぶだろう。品質保証センサー・ポートフォリオの拡大を誇りに思う」と語っている。

加圧電離箱と違ってRaySafe X2サーベイセンサーはシリコンベースであるため、特別な配慮や手配なしで出荷できる。このサーベイセンサーには手動と自動の2つのトリガーモードがある。センサーはこれらのモードによって、X線装置の主ビームの低線量率を捕捉できる。もう1つの特徴は、空気カーマ(GyかR)と周辺線量当量(Sv)の間でエネルギー特性をスイッチできる能力である。

RaySafe X2センサーはユーザーの相互作用の必要を最小限にするよう特別に設計されている。RaySafe X2測定システムのこのほかのセンサーにはR/F、MAM、CT、Lightがある。

詳しい情報、デモ、引用、RaySafe X2測定システムについてはwww.flukebiomedical.com/X2Surveysensorへ。

▽Fluke Biomedicalについて
問題となる測定について信頼されている。

Fluke Biomedicalは健康管理業界向けの検査、測定装置とサービスの一流の世界的プロバイダーである。同社はバイオ医療エンジニア、品質保証技術者、医学物理学者、腫瘍専門医、放射線安全専門家に奉仕し、ソリューションの範囲をより幅広い健康、安全専門家の範囲まで拡大し続けている。詳しい情報はwww.flukebiomedical.comへ。

▽Fluke Biomedical傘下のUnfors RaySafeについて
RaySafeは不必要な放射線照射を避けるのを助ける。

Unfors RaySafeは不必要な放射線照射から患者、スタッフを保護するためのX線品質保証ソリューションの世界的リーダーである。同社のソリューションはユーザー相互作用の必要を最小限にするように設計されており、X線室に前例のない簡便性、有用性をもたらしている。同社は技術者、医療スタッフ、患者が放射線照射に遭遇するすべての場所で照射の安全性の文化を確立することにコミットしている。Unfors RaySafeについての詳しい情報はwww.raysafe.comへ。

▽問い合わせ先
Carissa Pietzsch
Marketing Communications
+1-425-446-5517
Carissa.pietzsch@flukebiomedical.com

ソース:Fluke Biomedical

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。