logo

テラデータ、データ管理、俊敏性、単純性を強化するためSoftware-Defined Warehouseを提供開始

日本テラデータ株式会社 2015年04月27日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月27日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、データ管理、俊敏性、単純性を強化するためSoftware-Defined Warehouseを提供開始
― 高度なソフトウェア制御機能が単一のシステム上で複数のデータウェアハウス環境を実現 ―

[2015年4月20日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

 オランダ アムステルダムおよび米国カリフォルニア州サンディエゴ発 ― ビッグデータ分析とマーケティング・アプリケーションを扱う、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、Teradataデータベースの強化機能であるSoftware-Defined Warehouseを発表しました。これにより企業は、セキュリティやサービス・レベルに適合したパフォーマンスを犠牲にすることなく、複数のデータウェアハウスを1つのシステムに統合することが可能になります。

 さらにテラデータは、Teradataデータベースの追加機能としてSecure Zonesを発表しました。これは安全性が確保された状態で、データとユーザーグループを属性ごとに分ける機能です。この機能により、企業は単一のデータウェアハウス内にある複数の事業体属性や各国から構成される個人情報や、同一データセンター内にあるデータの移動を規制するセキュリティおよびプライバシーに関する法律に遵守することができます。

 Software-Defined Warehouseは、TeradataデータベースのTeradataワークロード管理、テラデータ・ラボ、またSecure Zones機能を活用します。これらの機能が連携することで、企業が自社のデータウェアハウスを管理する際に俊敏性、単純性、スピードが提供され、以下のことが可能になります。

●マルチテナント展開:
複数の事業部門や組織のデータとユーザーを別々に管理します。Software-Defined Warehouseは、セキュリティまたはプライバシー保護が必要な場合には、システム管理者がテナントのデータを閲覧できないように保護します。  
●企業間分析サービス:
Teradataを利用する顧客企業のパートナー企業向けに、企業間分析サービスのホスティングと管理を簡略化すると同時に、各パートナー企業のサービス・レベルの基準に応じて、一貫したパフォーマンスを提供します。
●データマート統合:
複数のデータマートを単一のシステムに統合し、総所有コストと二酸化炭素排出量を削減します。ユーザーはデータ、ユーザー、アプリケーション、ワークロードを各データマートから隔離し続けたままで、企業規模の多角的な視点からデータをみることも可能になります。
●本番分析サンドボックス:
ユーザーに焦点を当て、セルフサービスのデータ・ラボの機能を設定することで、データの重複や新たなサイロをつくることなく、データ主導型の新たな洞察(インサイト)の発見や俊敏性を実現します。

 顧客事例を紹介します。ヨーロッパを拠点とするある多国籍企業では現在、自社のデータセンター内において、事業を展開している国ごとに単独の独立型システムを割り当てることが求められています。各国にいる従業員は、安全が確保されたそれぞれのデータにアクセスしていますが、このモデルの費用対効果はよくありません。Software-Defined Warehouseを導入すれば、同等のセキュリティ統制とアクセス制限を保ったまま、すべての国からのデータを単一のシステムに組み込むことができます。この統合により、時間とコストの両方が節約されると同時に、ビジネスの優先順位に基づいたワークロードの観点から一貫したパフォーマンスが保証されます。

 ある大手製造企業では、自社の事業を企業規模で見る視点を得て、市場での課題に素早く対応するため、データ探索イニシアティブを開始したいと考えていました。テラデータの Software-Defined Warehouse導入前は、データ探索プロジェクトごとにサンドボックス環境の構築するために、新しいハードウェアの試運転や、時間のかかる抽出、加工、ロードプロセス(ETL)が必要でした。Software-Defined Warehouse機能を利用することにより、この企業は現在、既存のシステム内において数分単位でデータ・ラボ環境を構築し、新しい実用的な洞察を引き出すために本番データとデスクトップ・データを組み合わせて分析することが可能になりました。

 Teradata Software-Defined Warehouse機能は、すでに提供を開始しています。新機能Secure Zonesは、第2四半期の後半に提供を開始する予定です。

以上

# # #

・日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
リンク

・本プレスリリースの原文: Teradata News Room
リンク

# # #

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、顧客企業がデータ活用から、競合他社よりもより多くの価値を引き出すことを支援しています。テラデータのビッグデータ分析ソリューション、統合マーティング・アプリケーションまた専門家チームから構成される優れたポートフォリオは、顧客企業にデータ活用から持続可能な競合優位性を推進します。
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社は、テラデータ・コーポレーションの日本法人です。統合データウェアハウス、ビッグデータ分析ソリューション、マーケティング・アプリケーションおよび関連サービスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
リンク

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。