logo

日本近代化への発展、国際化への躍進を支えた「機械遺産」を初映像化!!『TALES OF 機械遺産』をビデックスJPで配信中。

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、『TALES OF 機械遺産』のHD配信をしています。日本近代化への発展、国際化への躍進を支えた「機械遺産」を初映像化した作品です。



「機械遺産」とは、明治30年に設立された社団法人・日本機械学会が、歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内の機械技術面で歴史的意義のある機械を「機械遺産」(Mechanical Engineering Heritage)として認定しております。国民生活、文化、経済、社会、技術教育に対して貢献してきたものばかりです。
[画像1: リンク ]


世界に誇る、日本の遺産。
[画像2: リンク ]

『TALES OF 機械遺産』
第1話 活版印刷機
第2話 国際化黎明期の家庭用電化機器(冷蔵庫・洗濯機・掃除機)
第3話 旧峯岸水車場
第4話 多能式自動券売機
第5話 としまえん『カルーセル エルドラド』

ナレーション:松尾スズキ
製作年:2015年 製作国:日本

【販売サイト】
■「ビデックスJP」サイト :
リンク

■『TALES OF 機械遺産』作品ページ:
リンク


【株式会社ビデックスについて】
ビデックスは2004年2月に会社を設立以来、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための1.映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、2.ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、3.埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。