logo

大京グループのオリックス・ファシリティーズ やまぎんメガソーラー南発電所・北発電所(2.8MW)の オペレーション&メンテナンス業務を受注

株式会社大京 2015年04月22日 15時07分
From Digital PR Platform


大京グループの総合ビル管理事業を手掛けるオリックス・ファシリティーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:三宅恒治)は2015年3月、ORソーラー・セブン株式会社より、大規模太陽光発電所のオペレーション&メンテナンス業務を受注いたしましたのでお知らせいたします。

業務を受注した大規模太陽光発電所「やまぎんメガソーラー南発電所・北発電所」は、オリックス株式会社が太陽光発電事業のために設立したORソーラー・セブン株式会社が、山口県下関市の旧・山口銀行菊川グラウンド(土地面積約35,000m2)においてメガソーラーによる電力供給を行うために建設したもので、既に稼働している「やまぎんメガソーラー発電所」の隣接地に増設されたものです。

昨今、太陽光発電の買い取り制度見直しなどを受けて市場環境が変化する中、メガソーラーの保守管理にはより効率的な運営が求められています。
今回は、当社が2013年より太陽光発電所のオペレーション&メンテナンス業務をいち早く手掛けてきた実績と、ビル管理業務で長年培った業務遂行力、また、隣接する既存発電所と併せた効率的な運営能力が評価されての受注となりました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。