logo

ユーザ行動動画でアプリの成長を支援する次世代アナリティクスツール提供のRepro、デジタルガレージ、ブレインパッド、SHIFTの3社より総額1億円の資金調達を完了

Repro株式会社 2015年04月22日 10時00分
From PR TIMES

~正式版を提供開始すると共に海外展開に向けたマーケティング活動を開始

モバイルアプリ向けのアナリティクスツール「Repro(リプロ)」を提供しているRepro株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:平田祐介、以下Repro)は、株式会社DGインキュベーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:六彌太恭行、以下DGI)、株式会社ブレインパッド(東京都港区、代表取締役社長:草野隆史、以下ブレインパッド)、株式会社SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役:丹下大、以下SHIFT)に対して、総額1億円の第三者割当増資を実施いたしました。また、本日より、iOSアプリ向けの「Repro」正式版を提供開始するとともに、海外展開に向けたマーケティング活動を開始します。



[画像: リンク ]

 2014年7月にiOS向け「Repro」ベータ版を提供開始して以来、EC/フリマ、キュレーションメディア、ライトゲーム、SNS、業務系等を中心に様々なジャンルにおける数百のアプリで利用されています。2015年に取得されたユーザ行動の動画数は既に2014年の4倍を超え、急速な成長を実現しています。本日より提供開始の「Repro」正式版は、アナリティクスや動画によるユーザ行動観察のための機能追加を随時行い、海外展開を視野に入れ英語対応もしています。なお、Androidアプリ向けにもベータ版を提供開始する予定です。

 「Repro」は今回の資金調達によって更なる経営基盤の強化を図ると共に、付加価値をより高めるべく、開発人材拡充やインフラ増強、マーケティング強化を行っていきます。今後は、ブレインパッドのビッグデータ関連サービスやSHIFTのアプリテストサービスとの連携によるアプリ成長支援機能の拡充を図っていきます。2016年からは米国を中心に海外における本格的なビジネス展開を予定しており、DGグループの海外展開ノウハウを活用しながら海外市場におけるマーケティング活動を進めていきます。

動画でユーザ行動観察ができるアナリティクスツール「Repro」について
「Repro」はファネルやリテンション分析等の従来からあるアナリティクス機能に加え、実際のユーザのアプリ内での行動をリアルタイムに動画で分析し、データを提供します。アプリ提供者は、「Repro」を利用することで従来のアナリティクスツールでは分からなかった実際のユーザ行動に基づき、アプリの課題発見や改善方法の検討が行えるようになります。なお、いずれの機能でも「Repro」が収集するのはタップ情報や画面遷移情報等、アプリ改善に必要な操作情報であり、ユーザが許可しない通信情報や個人情報は取得しません。
[動画1: リンク ]



「Repro」の主要機能
1.ファネル分析
ステップの達成数の確認はもちろん、達成率/離脱率を表す数字部分をクリックすることで、達成したユーザ、達成しなかったユーザ、それぞれの動画を確認することができます。動画再生画面では、ユーザの画面遷移やタップ情報等を動画で確認することができます。
[動画3: リンク
]



2.リテンション分析
どのようなアクションをするとユーザが定着するのか簡単に分析できます。
[動画2: リンク ]



3.コンバージョン分析
アプリの機能追加やデザイン変更が有効だったか簡単にわかります。
[動画4: リンク
]



4.バグレポート
バグが発生した状況を動画で再現するので、バグを再現しやすくなります。
[動画5: リンク
]



【会社概要】
会社名:Repro株式会社
代表者:平田祐介
所在地:東京都台東区東上野3-12-1井合ビル4F
設立:2014年4月
事業内容:ユーザ行動動画でモバイルアプリの成長を支援する次世代アナリティクスツール「Repro」の提供
ホームページ:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。