logo

クエステトラ: クラウド型ワークフロー、グラフ集計機能の強化

~ 実績の可視化機能を強化し、プロセス改善サイクルの加速を支援~

SaaSベンダーの株式会社クエステトラ(京都市、代表執行役CEO今村元一)は4月20日、クラウド型ワークフロー製品である 『Questetra BPM Suite』 の新バージョン10.2を公開しました。

新バージョン10.2では「グラフ集計機能」が強化され、より多角的な業務分析や業績モニタリングが可能となりました。例えば、見積承認の業務でご利用の場合であれば、承認フローに流れた見積データの内で上司承認された見積について、月ごとに「見積区分ごとの総額」を積み上げた棒グラフ表示する、といった事ができるようになります。(フィルタリング・チャート)

サンプル画像⇒ リンク

【Questetra BPM Suite とは】
業務プロセスの継続的な改善は、企業業績の向上に欠かす事のできない活動と言えます。今日、その改善活動を助けるワークフロー製品やBPM製品は、単にヒトからヒトへのデータ受け渡しをサポートするだけでなく、ヒト工程そのものを無人化させるに至っています。(BPM: Business Process Management)
『Questetra BPM Suite』 は、インターネット環境があればその日から利用できるクラウド型ワークフロー製品であり、BPM製品でもあります。オフィスワーカーの日常業務だけでなく、リモートワーカーや外部委託先の業務をも制御し、無人化し、可視化します。最大の特徴は業務の流れをDrag&Drop操作で設定できるところにあり、業務プロセスの設計は、「業務のあるべき姿を知っている人」自身によって素早くそして臨機応変に実施されます。「同時パラレル処理」や「業務プロセス同士の接続」といった複雑な業務デザインにもプログラミング知識を必要としません。(10ユーザ無料)

【グラフ集計機能の強化について】
業務プロセス管理システムの機能は、(1)業務プロセスのデザイン、(2)日常業務のデータ受け渡し、(3)業務進捗の監視集計、に分類されます。「グラフ集計機能」は第3番目の監視集計に分類され、現場におけるリソースコントロール、現場におけるマニュアル改善、あるいは業務プロセスの全体改善などの際に利用されます。

【その他の機能改良について】
新バージョン10.2では、「グラフ集計機能」 以外にも様々な改良を行っております。

<PDF自動生成機能の強化>
PDF自動生成機能は、ワークフロー途中において「業務データが挿し込まれたPDF」を自動生成させる機能です。新バージョン10.2以降は、その自動工程を設定する際に必要となる「台紙PDF」を、より容易に準備できるようになります。具体的には、「台紙PDFのサンプル」をダウンロード取得できるようになり、そのまま「台紙PDF」として利用したり、あるいはそのサンプルにある「差し込み設定」をWordやExcelで準備したPDFとマージさせて「台紙PDF」を作成したりできるようになります。

<Google Apps連携機能の強化>
クラウド型オフィス製品『Google Apps』と連携する機能である「Google Drive保存機能」は、ワークフロー途中において「見積書.pdf」や「請求書.pdf」といったファイル型の業務データを「Google Drive」に自動出力する機能です(OAuth通信)。新バージョン10.2以降は、保存先フォルダとして任意の階層のフォルダを指定できるようになります。

<操作性の向上>
メニューアイコンが刷新され、またToDo発生のタイムライン通知が「お知らせ機能」に集約されます。

★詳細については、リリースノートを御参照ください。
Ver. 10.2 リリースノート: リンク

【今後の機能改良について】
事業環境の変化に合わせて業務プロセスそのものを改善する活動は、決して容易なことではありません。現場主導の業務改善をサポートすべく、今後とも業務進捗や処理実績をより簡単に把握できる機能を強化していく予定です。

【クエステトラ社について】
株式会社クエステトラは京都にある SaaS BPM ベンダーです。世界中のビジネスプロセスを最適化します。
商号: 株式会社クエステトラ (Questetra, Inc.)
代表: 代表執行役CEO 今村 元一
所在地: 京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル4階
設立: 2008年4月
資本金: 1億8250万円
URL: リンク

本プレスリリースに関する問い合わせ: pr@questetra.com or 075-205-5007

このプレスリリースの付帯情報

<フィルタリング・チャート(グラフ集計機能)、総額集計の例>

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。