logo

Infinera社の製品、Facebook社の世界最長のマルチテラビット光ネットワークに採用

インフィネラ・ジャパン株式会社 2015年04月16日 11時29分
From PR TIMES

Infinera社は、Facebook社の新ネットワークにInfinera(R) Intelligent Transport Networkが採用されたことを発表しました。

Infinera Corporation

Infinera社の製品、Facebook社の世界最長のマルチテラビット光ネットワークに採用

カリフォルニア州サニーベール、2015年3月31日発表: Infinera社は、Facebook社の新ネットワークにInfinera(R) Intelligent Transport Networkが採用されたことを発表しました。このネットワークは世界最長の光ネットワークであり、そのデータ転送速度は最高8テラビット/毎秒まで可能です。その距離は3,998キロにもおよび、データを一度も再生せずに転送することができます。毎秒8テラビットのデータ伝送速度の場合、高解像度ビデオを100万個同時に再生できることになります。

このネットワークはスウェーデンのルーレオ市にあるFacebook社のデータセンターから全ヨーロッパの他のデータセンターハブに向けてデータを配信します。Facebook社は、データセンターとこれらのハブを、Infinera社のDTN-Xのプラットフォームを含む他の製品を用いて、接続します。テラビット容量を配信するために大きな役割を果すのが、弊社のFlexCoherent™ソリューションで、ヨーロッバ大陸を一つの光ネットワークにより連結します。

現在Facebook社は、全ヨーロッパに500ギガビット/毎秒のスーパーチャンネルを使用して100ギガビット/毎秒のサービスを提供していますが、この容易にスケーラブルなスーパーチャンネルの特徴により、将来は1.2テラビット/毎秒にアップグレードする計画です。この毎秒500ギガビットの転送を可能にしているのがInfinera社独自のPhotonic Integrated Circuit(発行集積回路:PIC)の技術です。現在、一枚のラインカードでこの規模のデータ転送が可能な製品は、弊社のPICしかありません。本PICは、DTN-Xプラットフォーム上で最大12テラビット/毎秒の非ブロックの光転送データを統合し、ネットワークのスイッチングを実行し、スーパーチャンネルによるデータ転送を可能にします。また、将来へのシームレスな移行をサポートします。また、DTN-Xはネットワークプログラマビリティおよび自動ネットワーク処理を可能にするための、SDN用のアプリケーションプログラミングインターフェースを装備しているので、運用コストを削減し、サービス配信時間を短縮することができます。

Facebook社、Network Engineering部門ディレクターのニクラス・コムステッド氏(Niclas Comstedt)は次のように語っています。「Infinera Intelligent Transport Networkの導入により弊社のネットワークオペレーションを簡単に保ちつつ、容量を迅速に増やすことができました。一旦、機器が設置されると、テラビット単位で容量を増やすことができました」

TeleGeography Research社のディレクター、アラン・モールディン氏(Alan Mauldin)は次のように語っています、「Facebookのようなコンテンツプロバイダーは急速に長距離ネットワークの容量を増やしています。我々の調査では、ヨーロッパでの個人使用のネットワーク容量は2010年から2014年間に8倍の伸びを遂げました」

Infinera社のフェロー、スティーブ・グラッブ(Steve Grubb)は次のように語っています、「私は10年間以上にわたり世界中のサービスプロバイダの長距離光ネットワークのテストと導入に携わってきました。私たちがFacebook社と共同で今日発表しているルートは世界初の最長、8テラビット/毎秒の実践的な導入です」

Infinera社、最高経営責任者、トム・ファロン(Tom Fallon)は次のように語っています、「Facebook社によるInfinera Intelligent Transport Networkの採用は、いかに弊社の製品が世界のコンテンツプロバイダーとデータセンターオペレータに高価値をもたらすかを裏付けています。Facebook社の例は、いかに世界中のインターネットコンテンツプロバイダーがユーザに高帯域で高価値の配信サービスの提供を加速しているかを示す典型例です」

●問い合わせ先:
・メディア関係者:
アンナ・ビュー(Anna Vue)
Tel. +1 (916) 595-8157
avue@infinera.com

・投資家の皆様:
ジェフ・ハスティス(Jeff Hustis)
Tel. +1 (408) 213-7150
jhustis@infinera.com

●Infinera社について:
Infinera社(NASDAQ: INFN)はIntelligent Transport Networksをネットワーク・オペレータに提供することにより、信頼でき、操作しやすい、高容量の光ネットワークを可能にします。Infinera社の独自の大規模フォトニック集積回路は、最も過酷なネットワーク環境でも使用でき、革新的な光ネットワークソリューションを提供します。Intelligent Transport Networksは、キャリヤー、クラウド・ネットワーク・オペレータ、政府機関、および企業がそれらのデータセンター、都市(メトロ)、長距離、および海底の光ネットワークを自動化し、集中管理し、スケーリングするのを助けます。Infinera社に関してはwww.infinera.com 、Twitterの場合はTwitter@Infinera、ブログの場合はblog.infinera.comを参照してください。

このプレスリリースにはInfinera社製品などに関する:経済的および技術的な情報の記述が含まれています。また、現在生産されている、世界最長の8テラビット/毎秒のネットワークに関する情報も含まれています。それに加え、将来的計画として1.2テラビット/毎秒のサーパーチャンネルの記述も含まれています。そして、それが非ブロッキング光伝送ネットワークのスイッチングをサポートしている記述も含まれています。これらの記述は結果を保証するものではなく、また、将来の活動および性能を示すものでもありません。実際の結果はリスクと不明確な要素を伴うため、これらの期待・予想と異なるかもしれません。弊社のビジネスに影響する、これらのリスク、不確定要素、およびその他のリスクに関する情報は、券取引委員会(SEC)に2015年2月18日に提出済みの弊社の四半期報告書Form 10-K(リスク要因の章および他の章)、およびその関連書類に記述されています。これらのレポートは次のInfinera社のウェブサイト( www.infinera.com ) から入手できます。SECに関するウェブサイトは、www.sec.gov.です。また、弊社はこれらの将来志向の表現を現在は変更するつもりはありません。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。