logo

インパクトの高い論文数分析による研究機関ランキング

トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 2015年05月11日 10時54分
From 共同通信PRワイヤー

2015/04/16

トムソン・ロイター

トムソン・ロイター:
インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表
~総合ランキングでは引続き東京大学が1位。
世界において日本の影響力が高い分野は化学、免疫学、材料科学、
生物学・生化学、物理学、植物・動物学、分子生物学など~

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、昨年に引き続き、高被引用論文数による日本の研究機関ランキングを発表いたしました。本分析は、後続の研究に大きな影響を与えている論文(高被引用論文)数をもとに、世界の中で日本が大きなインパクトを与えている分野における国内で存在感のある研究機関を把握しようという試みです。

研究機関や研究者個人が特定の集合の中でどのくらいの位置にいるのかを分析する指標として、高被引用論文などの相対的な指標による分析に注目が集まっています。日本の高被引用論文が多く輩出されている分野は、上位から材料科学、化学、免疫学、生物学・生化学、物理学、植物・動物学、分子生物学 となっています。これらの分野において、日本は世界の研究コミュニティの中でも大きな存在感を示していると言えます。

「国内研究機関の総合分野トップ20」
<表1>総合/General
国内順位 機関名
1 東京大学
2 京都大学
3 大阪大学
4 国立研究開発法人理化学研究所
5 東北大学
6 国立研究開発法人産業技術総合研究所
7 名古屋大学
8 東京工業大学
9 国立研究開発法人物質・材料研究機構
10  九州大学
総合分野の11位~20位およびランキング詳細、分野別トップ10は以下をご覧ください。
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。