logo

LABORIEがMedical Measurement Systemsを買収

LABORIE Medical Technologies 2015年04月14日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

LABORIEがMedical Measurement Systemsを買収

AsiaNet 60134 (0480)

【トロント(カナダ)2015年4月13日PRN=共同通信JBN】 LABORIE Medical Technologies(LABORIE)はMedical Measurement Systems(MMS)の買収を完了した。MMSはオランダのエンスヘーデに本社を置き、ドイツのボトロップに子会社、米ニューハンプシャー州ドーバーに米国事業所がある。MMSはガストロエンテロロジー(胃腸障害)とウロダイナミクス検査装置での世界市場リーダーである。

MMSの買収はLABORIEの2014年10月のUnisensor買収に続いて同社の胃腸障害関連製品提供を拡大する。さらに、MMSのウロダイナミクス関連製品ラインはLABORIEのウロダイナミクス製品を補完し、世界的な活動範囲を拡張する。

LABORIEのブライアン・エラコット社長兼最高経営責任者(CEO)は「これはLABORIEにとって非常に戦略的な買収である。MMSはウロダイナミクスと胃腸障害の患者を同時にサポートするユニークなプラットフォームに基づいてユーザーにやさしい製品を開発している。このシングルプラットフォームをわが社のすべての製品で活用し、MMSの世界的な販売ネットワークを通じてわが社の世界的な活動範囲を拡大する巨大な機会が見える。われわれはこれを非常に補完的な買収だと考えている」と述べている。

MMSのアリェン・デウェールト社長は「LABORIEチームの一部になるのは大変うれしい。2つの革新的な企業のリソースを結合すれば顧客が求めている『次世代』製品を開発し、活動範囲を世界的に拡大することができる。私と共同創業者のヤンウィレム・ファンデルワル氏はともにLABORIEチームに加わって胃腸、泌尿器市場向けの真に革新的な製品を作ることに熱意を持っている」と語っている。

▽LABORIEについて
カナダのトロントに本社を置くLABORIEは革新的な医療技術、尿・便失禁および泌尿器科、婦人科、結腸直腸分野のその他の骨盤底障害の診断、治療用の消耗品の有力な世界的開発、製造、販売会社である。LABORIEはAudax Private Equityのポートフォリオ企業である。

LABORIEの包括的な製品ラインに関する詳しい情報はwww.laborie.comまたは電話 +1-905-612-1170へ。

ソース:LABORIE Medical Technologies

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。