logo

安全柵「PROFENCE」新発売

株式会社岡村製作所 2015年04月10日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月10日

株式会社 岡村製作所

安全柵「PROFENCE」新発売

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、工場内の危険区域を区切り、作業者の安全を守るための屋内用安全柵「PROFENCE(プロフェンス)」を2015年4月10日に発売いたします。「PROFENCE」は、シンプルな部材構成と機能的な基本構造により、設置や組み換えが簡単に行えます。パネル部の網目は幅20mm×高さ100mm、網目開口部の安全距離※1は120mm (JIS規格※2の基準値)で、安全性の高い設計です。工場内の防護柵以外にも、危険物や貴重品などの保管スペースの間仕切りなど多目的に活用いただけます。
※1  安全距離:保護構造物を危険区域から離して設置するときに必要な最小距離
※2  JIS B 9718:2013(ISO 13853:2008) 機械類の安全性-危険区域に上肢及び下肢が到達することを防止するための安全距離

― 「PROFENCE」 の特徴 ―
■安全に配慮した設計
・パネルの網目は幅 20mm× 高さ 100mm、網目開口部の安全距離※1 は120mm (JIS規格※2の基準)。
・床面とパネル下面との隙間は100mm。
・パネルの取付ボルトは通路(表)側から取り外しにくい構造。
・網目は縦ワイヤを通路(表)側に配し、網目に足を掛けてよじ登りにくい構造です。
・支柱は警告の意味の黄色、パネルは内部が見やすい黒色で、視認性、可視性の高いカラーリング。

■設置・組み替えが容易な構造
・支柱の上下2か所のボルトにパネルを引っ掛けて簡単に組み付けができます。
・高さは、支柱と脚端金具の接合部でレベル調整が行えます。
・部材点数の削減と共通化により、高い施工性を実現しました。

■多彩なレイアウトに対応
3方向にパネルが取り付けできる支柱構造により、
直線・L字・T字・135度のレイアウトが可能です。

■豊富なモジュールとサイズバリエーション
ベーシックな基本モジュールと、扉は開き戸と引き戸の2タイプを品揃えしています。
それぞれ豊富なサイズバリエーションを持ち、さまざまな設置条件やレイアウトに対応します。

・基本モジュール
高さは、1400 1600 1800 20002200Hの5タイプ。
幅は、基本用200 300 400 500 600
700 800 900 1000 1200Wの10タイプ、135度用は600 700 800Wの3タイプ、コーナー用1タイプ。

・開き戸モジュール
高さは、1400 1600 1800 20002200Hの5タイプ。
幅は、800 1000Wの2タイプ。
レイアウトに応じて、右把手・左把手、内開き・外開きを選択できます。

・引き戸モジュール
高さは、1800 2000 2200Hの3タイプ。
幅は、800 1000 1200Wの3タイプ。
レイアウトに応じて、右把手・左把手を選択できます。

■価格
基本モジュール(2000H×1000W)×10スパン   236,280円 (本体価格)
  ※部材費のみ。配送費、施工費は含まれておりません。

■初年度販売目標
 1億円
 







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。