logo

マイクレルがFETZillaテクノロジー搭載の高電圧同期降圧型ファミリーを小型3mm×4mmパッケージで提供

マイクレル 2015年04月09日 11時41分
From 共同通信PRワイヤー

マイクレルがFETZillaテクノロジー搭載の高電圧同期降圧型ファミリーを小型3mm×4mmパッケージで提供

AsiaNet 60077 (0460)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2015年4月8日PRN=共同通信JBN】高性能リニア&パワーソリューションやLAN&タイミング、それに通信ソリューションで業界をリードするマイクレル社(Micrel, Inc.、Nasdaq: MCRL)は8日、ピン・機能互換性がある高電圧(HV)同期ステップダウン・スイッチングレギュレーター製品ファミリーである、MIC28511/12/13を発売した。この製品ファミリーは4A(MIC28513)の出力電流と4.6Vから70Vまでの広範な供給電圧(MIC28512)を提供することができスイッチも内蔵している。MIC28511/12/13は、Hyper Speed Control(TM)およびHyperLight Load(R)アーキテクチャーのオプションで提供され、高VIN(低VOUT)オペレーションと超高速過渡応答を可能にすることで、必要とする出力キャパシタンスを軽減し、極めて優れた軽負荷効率を提供する。これらの製品は工業制御、電力計、通信、医療機器など幅広いアプリケーションで利用可能である。MIC28511/12/13は、1000個単位の注文単価がそれぞれ1.49ドル/1.85ドル/1.42ドルで入手可能である。

マイクレルのブレイン・ヘダヤティ副社長(高性能リニア&パワーソリューションマーケティング担当)は「システムが電圧スパイクや高い動作周囲温度にさらされる工業アプリケーションなど、過酷な環境で稼働しスペース上の制約を受ける製品では、小型で信頼できるソリューションが必要不可欠である。降圧型コンバーターのMIC28511/12/13は効率と熱的性能を犠牲にすることなく、3mm × 4mmの小型パッケージの中で電圧スパイクに耐える能力を提供するように設計されている。広範な入力電圧を備えるマイクレルのHV降圧型コンバーターと、マイクレルの最新FETZilla(TM)パワーMOSFETおよび高度なパッケージング技術を一体化させることによって、マイクレルは業界最高の出力密度ソリューションの1つを提供できる。顧客はこのソリューションを使って、スペース、ヒートシンク・コスト、冷却エネルギーを大幅に削減できる」と語った。

MIC28511/12/13は、±1パーセントの出力電圧保証精度で下限が0.8Vまで調整可能。コンスタントなスイッチング周波数での動作でありながら、200kHzから680kHzまでプログラム可能であり、顧客はより柔軟に小型インダクタを使用したり、低スイッチング周波数を使用してより高い効率で稼働させたりすることができる。MIC28511/12/13は総合的な保護機能を提供し、低電圧ロックアウトによる減電圧時のソリューションの信頼性を向上や、突入電流を軽減する内部ソフトスタート、フォールドバック電流制限、「hiccup」モードによる短絡保護、サーマルシャットダウンなどがある。MIC28511/12/13のデバイスは、-40℃から+125℃の接合部動作温度範囲で稼働し、超小型24ピン3mm × 4mm FCQFNパッケージで提供される。

▽マイクレル社(Micrel, Inc.)について
マイクレル社はアナログ、Ethernet、高帯域市場向けICソリューションで世界をリードするメーカーである。同社の製品には、高度なミックスド・シグナル、アナログ、パワー半導体;高性能なコミュニケーション、クロック管理、MEMSベースのクロックオシレーター、crystal-lessクロックジェネレーター、Ethernetスイッチ、物理レイヤー・トランシーバーICなどがある。同社の顧客には、企業、消費者、工業、モバイル、テレコミュニケーション、自動車、コンピューター製品の大手メーカーが含まれている。本社と最新鋭ウエハー製造施設は米カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジアに地域販売・サポートオフィス、最新鋭の技術設計センターを構えている。さらに、同社には世界中の広範な流通および販売代理店のネットワークがある。詳しい情報はリンク から入手可能。

ソース:Micrel, Inc.

▽問い合わせ先
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14F
TEL : 045-224-6616
FAX : 045-224-6716
E-mail : info14@micrel.co.jp
ホームページ : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。