logo

「J-anpi~安否情報まとめて検索~」、横浜市と提携を開始

NTTレゾナント株式会社 2015年03月19日 15時12分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月19日

NTTレゾナント株式会社

「J-anpi~安否情報まとめて検索~」、横浜市と提携を開始
~大規模災害に備え、自治体との情報連携を強化~
URL:リンク

 安否情報をまとめて検索・確認できるWeb共同サイト「J-anpi ~安否情報まとめて検索~ 」(URL:リンク 以下、J-anpi)の連携先として、2015年4月1日より新たに横浜市が加わります。
 これにより、自治体、教育機関、企業・団体など合計21団体が収集する安否情報などが対象となり、一括で検索・確認できる安否情報がいっそう充実します。


1.提携先一覧(2015年4月1日以降)
<自治体>※50音順
 市川市、猪名川町、河内長野市、千葉市、東京都、流山市、西宮市、安来市、横浜市
<通信キャリア>
 東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、
 沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、ワイモバイル株式会社
<企業など>
 NTT、NHK、名古屋商工会議所、静岡県立大学、Google
 

2.J-anpiと自治体および企業・団体の連携状況 (2015年4月1日以降の連携状況)
 ※添付画像参照
  

3.J-anpiの新たな連携について
 今回新たに連携を開始する横浜市との一体的連携内容については、以下の通りです。

<自治体名>
神奈川県横浜市
<連携内容>
・災害時の協力協定を締結
・避難者の安否情報をJ-anpiに登録
・市のホームページにリンクバナーまたはJ-anpiの検索窓を設置し安否情報を検索できるようにする
・ホームページなどを通じてJ-anpiの利用方法を紹介



4.J-anpiのこれまでの取り組みについて
 NHK・NTTとNTTレゾナントが共同運営している「J-anpi」は、東日本大震災での教訓を踏まえ、安否情報をまとめて検索・確認できる新たな共同サイトとして2012年10月1日に発足致しました。その後、順次各自治体や企業・団体との協定締結をするなど、連携の拡大に取り組んで参りました。



5.今後の展望について
 引き続き、自治体や報道機関、各種企業・団体との連携拡大を加速させ、検索・確認できる情報を充実し、いざという時に、家族や知人との間での安否確認がスムーズにできる共同サイトへと発展させていく予定です。

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事