logo

ファーウェイ、VoLTEの進化を牽引2014年に世界各地で35件の新規VoLTEプロジェクトを受注

ファーウェイ・ジャパン 2015年03月09日 10時34分
From PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は2月28日、2014年末までに35件の新規VoLTE(Voice over LTE)プロジェクトを受注し、そのうち3つのネットワークがすでに商用化されていることを発表しました。VoLTE分野でイノベーションをリードするファーウェイは、真のクラウド化技術、容易な展開、音声を超えた新しいサービスといった点で独自の価値を提供することにより、通信事業者が2G/3Gの音声サービスを4G LTEへとスムーズに進化できるようにサポートします。

クラウド・ベースのVoLTEを展開し真のクラウド化を推進する欧州の大手Tier1通信事業者

欧州の大手Tier1通信事業者は、クラウド・ベースのVoLTE展開に向け、ファーウェイのvIMS(Virtual IP Multimedia Subsystem:仮想IPマルチメディア・サブシステム)を採用しました。真にクラウド化されたIMSコア実装サービスを業界で初めて提供するファーウェイは、VoLTE展開における「単一窓口」としてマルチベンダー環境全体の主要な統合プロセスを管理しており、ファーウェイが考案した特定の方式や展開モデルがさまざまなIMSコンポーネントの迅速な搭載を可能にしています。これらプロジェクトでの成功は、同社のクラウド・ベースVoLTEソリューションの成熟度を表すとともに、NFV技術の商用化の可能性を実証するものです。


香港で初めてVoLTEの提供を開始したPCCW-HKT

2014年5月5日、PCCW-HKTとファーウェイは香港でVoLTEの商用化を開始したことを共同発表しました。これは最新の3GPPリリース10に基づく世界初のeSRVCC(enhanced Single Radio Voice Call Continuity:進化型単一無線音声通話継続)対応VoLTEであり、LTEから3Gへの切り替え時にもシームレスな音声通話を実現します。ファーウェイは統合をシンプル化したことで、プロビジョニングや課金センターなどを含め既存ネットワークへの影響を回避しました。


チャイナ・モバイルと共同でVoLTE動画の商用試験とビデオ通話体験キャンペーンを開始

2014年12月18日、ファーウェイと浙江省のチャイナ・モバイルは、杭州市でVoLTEネットワーク展開に成功し、VoLTE動画の商用試験を開始したことを共同で発表しました。また、チャイナ・モバイルは、杭州市のユーザーに9月に発売されたファーウェイのフラッグシップ・スマートフォン『Mate7』を使用して720pの高解像度ビデオ通話を体験してもらうキャンペーンも開始しました。音声サービスを超えたVoLTEによるビデオ通話サービスは、チャイナ・モバイルの新たな収益源となるプレミアム・サービスとして推進されています。


Mobile World Congress(MWC)2015は、3月2日から5日にかけてスペイン・バルセロナで開催されています。ファーウェイは会場となるFira Gran Viaのホール1とホール3で、VoLTEソリューションを含む最新の製品とソリューションを展示しています。詳細については以下のウェブサイト(英語)をご参照ください。リンク


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深圳(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。


日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。