logo

パイプドビッツ、パイプドビッツ総合研究所を設立

情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供する株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長 CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、2015年3月1日付でパイプドビッツ本社内に「パイプドビッツ総合研究所」を設立しましたので、お知らせいたします。

▼パイプドビッツ総合研究所
リンク


■1.背景と目的

 超高齢化や生産年齢人口の減少が課題になる中、政府や地方自治体では、「地方創生」「マイナンバー」など、情報政策を用いて、地域の問題解決や行政の効率化を目指す政策が推進されています。併せて、地域振興等の地域が抱える課題に対して、オープンデータやビッグデータ、地図情報などの利活用をはじめとするICTの貢献が期待されています。
 その一方で、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の普及や、ビッグデータ分析の技術進展などに伴うグローバルな情報の活用や流通とともに、瞬時に個人の情報が共有・拡散・活用されることへの懸念も示されており、多種多様な情報を便利かつ自在に活用できる環境と、プライバシーやセキュリティにも十分に配慮された安全安心な環境との両立が求められています。
 そこでパイプドビッツは、パイプドビッツ総合研究所を設立し、主に政府の政策に対して、情報通信技術の活用や課題、先行事例など様々な調査研究や実証実験を行い、公表や提言等を通じて、地域や社会の課題解決に貢献してまいります。


■2.活動概要

 パイプドビッツ総合研究所は、パイプドビッツが2000年の創立以来追求してきた「情報資産の銀行」としての知見やノウハウに加えて、お客様及び社外の専門機関や有識者等との協力関係のもとで、社会における様々な課題解決のための政策、ICT活用や課題、関連先進事例、パイプドビッツがどのように貢献してゆけるか等の調査研究を進めるとともに、地域や民間組織などでICTによる解決策の実現・実証を行い、成果の公表や提言など社外に広く発信してまいります。

 なお、地域の課題解決のために推進されている情報技術を活用した各種政策(※1)に対する市民の関心や認知、ニーズを明らかにすることを目的に実施し、全国の成人男女11,006名から回答を得た「地方でのICT政策に係る1万人ニーズ調査」を近日公表いたしますので、パイプドビッツ総合研究所Webサイトから、ぜひ事前にレポート会員(無料)にご登録ください。

(※1)「地方でのICT政策に係る1万人ニーズ調査」調査対象政策
地域コミュニティ形成(3政策)、結婚、出産、育児の支援(3政策)、医療・介護(3政策)、健康増進(3政策)、教育(3政策)、防災・国土強靭化(4政策)、省エネ・低炭素社会(2政策)、マイナンバーの導入・活用(3政策)、地域観光の振興(3政策)、農業・6次産業(3政策)、成長分野の人材育成、人材確保(3政策)


■3.概要
[名称]
パイプドビッツ総合研究所
[設立日]
2015年3月1日
[所在地]
東京都港区赤坂 2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
株式会社パイプドビッツ 第二事業本部 内
[責任者]
所長 出口 太郎
[連絡先]
TEL 03-5575-6601 (代表) / FAX 03-5575-6677



■ 報道関係者様お問合せ先
株式会社パイプドビッツ  リンク
経営企画室 広報担当:立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail :pr@pi-pe.co.jp
※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事