logo

PTC、モノのインターネット(IoT)の価値を加速するThingWorx-Axeda Integratorを発表

統合ソリューションによりThingWorx Application Enablement (AEP)をAxeda Machine Cloud環境で提供可能に

【2015年 2月23日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、ThingWorx(R)の開発環境とAxeda(R)ソリューションを組み合わせ、顧客の製品の開発と革新を加速するThingWorx-Axeda Integratorに関する米PTCの発表を明らかにしました。ThingWorx-Axeda IntegratorはThingWorx AEPとAxedaの接続性、デバイスクラウドおよびアプリケーションを統合し、IoTプロジェクト成功のための基盤を提供します。

スマート・コネクティッド・プロダクツやセンサーの数が増え続ける中、IoTに対する真の期待はヒト、システム、モノを一体化し、また、これまでの産業界のやり方を覆す革新的なアプリケーションの開発を実現することです。ThingWorx-Axeda Integratorは、ThingWorxとAxedaの強みを一体化することで、業界随一の包括的なIoTソリューションスタックを提供し、スマート・コネクティッド・プロダクツに向けたソリューションの開発における統合体験を顧客に提供します。

PTC子会社であるThingWorx社長兼ゼネラルマネージャーのラス・ファデル(Russ Fadel)は「スマート・コネクティッド・プロダクツやセンサーに対応する接続性と、新たなIoTアプリケーションが可能にした大規模な変革が、あらゆる業種で進んでいます。有意義な革新の可能性がほぼすべての市場に存在することから、企業は規模の大小を問わず極めて速いスピードでIoT技術を活用し始めています。ThingWorx-Axeda Integratorは、IoT業界をさらに加速する強力な機能を組み合わせたソリューションです」と述べています。

ThingWorx-Axeda Integratorは、Axedaのマシンデータを瞬時にThingWorxプラットフォームで活用できるようにし、また、高速アプリケーション開発ツールであるThingWorx Composerから、AxedaのAPIを利用できるようにします。Integratorの標準コネクターは、シングル・サインオンで、Axeda製品のデータやウェブサービスを利用し、ソリューション実装の効率化を可能にします。

主な機能:
Axedaの時系列データをThingWorxで利用
- データアイテム、アラーム、モバイルロケーション等のAxedaデータが、AxedaのデータフィードサービスであるMachine Streamsを介し、ThingWorxプラットフォームへ流入
- Axeda Machine Streams から生データを直接ThingWorxに送信

2つのシステム間でデータモデルとデータの同期化
- データはAxeda-ThingWorx間で自動的に同期され、ミスを低減し、開発を加速

Axeda API を ThingWorx Composer から簡単に利用
- 小規模なスクリプト作成により、デバイスに関わる現実の課題を対応する強力なソリューションの構築が可能

Axeda Consoleに埋め込まれたThingWorx Widgetの自動認証
- Axeda ユーザーはThingWorxマッシュアップを簡単にAxeda Console内に組み込むことが可能

■ リリース予定
ThingWorx-Axeda Integratorはすでに提供を開始しています。詳細は リンク をご覧ください。


<関連情報>
- ThingWorx-Axeda Integrator リソースページ
リンク
- PTC スマート・コネクティッド・プロダクツ リソースページ
リンク
- PTC ThingWorxプラットフォームについて
リンク
- Axeda IoT プラットフォームについて
リンク

【PTCについて】
PTC(本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC)は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性(Product and Service Advantage)の実現を可能にします。PTCのテクノロジーソリューションは、インターネット接続された高度な情報処理能力を持つスマートな世界を見据え、お客様の製品開発、運用、サービスの変革を製品ライフサイクル全体にわたり促進します。1985年に設立されたPTCは、世界各国に約6,000名の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる28,000社を超える顧客企業を支援しています。

【ThingWorxについて(PTC子会社)】
PTC の子会社である ThingWorx は、「モノがネットに接続された環境」におけるアプリケーションの開発と実行を効率的に行う基盤技術を提供します。PTCの「モノのインターネット(IoT)」テクノロジーポートフォリオの中心となるThingWorxは、Axedaの機能と組み合わせて、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む世界初の完全なIoTプラットフォームを実現しています。この組み合わせにより、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。この技術を活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を生かす取り組みを進めています。
Webサイト: www.thingworx.com、www.axeda.com、www.ptc.com
Twitter: @ThingWorx、@Axeda、@PTC

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーションライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービスライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の PTC Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のPTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、モデルベースシステムズエンジニアリング(MBSE) のPTC Atego、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミックパブリッシングシステムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールドサービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad、IoTアプリケーションプラットフォームのThingWorx、安全なクラウド接続を提供するPTC Axeda、といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト: リンク

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: リンク
Twitter: リンクリンク 
YouTube: リンク 
LinkedIn: リンク 
PlanetPTC Community: リンク
Facebook: リンク 

* PTCの社名、ロゴマークおよびThingWorx、AxedaなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事