logo

【全国初!】「ふるさと納税」のパンフレットデザイン制作を、クラウドソーシングの仕組みを活用して公募![北海道美唄(びばい)市]

美唄市 2015年02月17日 10時00分
From PR TIMES

新たな働き方として注目される「クラウドソーシング」を活用し協働で制作、全国の主婦・シニア・個人事業主等のワーカー(デザイナー等)に対し、市のまちづくりへの取り組みや特産品を広め、寄附の促進に繋げます。

 美唄(びばい)市は、2015年2月17日(火)より、市への「ふるさと納税(寄附金)」の促進を目的としたパンフレットのデザインを募るプロジェクトを開始いたします。美唄市では2015年4月1日より、ふるさと納税をされた方に対して、謝礼品(特産品等)の贈呈を開始いたしますが、この謝礼品を紹介するパンフレットデザイン案を、クラウドソーシング(ITを活用した新しい人材調達の仕組み)を活用し募集いたします。



[画像: リンク ]


【1.概要】
 美唄市では2015年4月1日から、ふるさと納税(寄附金)をされた方に対する謝礼(特産品等の贈呈)を開始することとしております。
 市では、特産品である米・焼き鳥・ハスカップなどをはじめとした、ふるさと納税の謝礼品を紹介するパンフレットの迅速な制作ができ、また全国にいるデザイナーや主婦・シニア層・個人事業主などに市のまちづくりへの取り組みや地元特産品を広め、寄付を促進するためのツールとして、クラウドソーシングを活用することを決定。その利用プラットフォームとして、宮崎県日南市などをはじめとした、行政等との協働実績がある点などを評価し、クラウドワークスを選定いたしました。

【2.スケジュール】
・募集内容:北海道美唄市(びばい)ふるさと納税パンフレットデザイン・レイアウト
・募集期間:2015年2月17日(火)~2月27日(金)
・採用作発表予定日:2015年3月3日(火)
・採用報酬:108,000円
・募集ページ: リンク


【3.ふるさと納税制度とは?】
 ふるさと納税とは、個人が都道府県・市区町村に対して寄附を行った場合に、2,000円を超える部分について所得税と住民税から直接控除される制度です。ふるさと納税の利用者は、制度が始まった2009年は約3万人、寄付総額は73億円だったものが、2014年には利用者が約10万人と3倍以上に増加。これに伴い寄附総額も130億円にまで増加しています。
 また2014年末に決定した税制改正大綱により、

これまで住民税の1割までだった控除額上限を2015年の4月から2割に引き上げること
出身地にこだわらず、寄付先の自治体が5つまでであれば確定申告をしなくてもよいこと

など地方創生の「目玉政策」としてふるさと納税制度の拡充が盛り込まれており、更なる制度の利用が期待される一方で、豪華な贈呈品による自治体の“特典合戦”を問題視する見方もあります。


【4.クラウドソーシングとは?】
 発注者がインターネット上のウェブサイトで受注者を公募し、仕事を発注することができる働き方の仕組みです。取り扱われている仕事の範囲は実に広く、システム開発・WEB制作・デザイン・記事執筆など、約190業種以上にも及びます。発注者と受注者がオンライン上で直接つながることで、受注者にとっては時間や場所にとらわれない新しい働き方、発注者にとっては柔軟かつスピーディで費用対効果の高い、新しい人材活用のあり方が提供されます。
 総務省の「情報通信白書(平成26年度版)」や、中小企業庁の「中小企業白書2014」でもクラウドソーシングが前向きに紹介されており、ICT利活用によって、不足する企業の経営資源の補完と、主婦・シニア層など個人の新たな働き方(テレワーク)のインフラのひとつとして注目されています。

(総務省「情報通信白書平成26年度版」)
URL:リンク
(中小企業庁「中小企業白書2014」)
URL:リンク


【5.市について】
北海道美唄市
・市長:高橋幹夫
・所在地:北海道美唄市西3条南1丁目1番1号
URL:リンク

北海道中央部の空知管内、札幌市からJRで34分(60km)、新千歳空港からはJRで80分(90km)のところにある、人口24,000人の市。
「美しき唄のまち美唄」の名で知られる美唄市は、北海道内でも有数の米どころであり、アスパラやハスカップなどの「農」、焼き鳥やとりめしなどの「食」、そして世界的に著名な彫刻家、安田侃(かん)氏の出身地であるなど「アート」の地としても知られています。
市では、子宮頸がんワクチン接種後に副作用を訴える人を対象とした、市独自の支援策を2015年1月から実施し、通院の一部を補助しています。

(*企画 トライアウト(北海道札幌市)代表:中村領 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事