logo

FDN社のフローティング建造物が気候変動、津波の危機から人命を救う

FDN 2015年02月13日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

FDN社のフローティング建造物が気候変動、津波の危機から人命を救う

AsiaNet 59459(0164)

【アムステルダム(オランダ)2015年2月12日PRN=共同通信JBN】
*オランダのイノベーション・チャンピオンがEuropean Business Award(ヨーロッパビジネスアワード)にノミネートされた。

オランダのエンジニアリング&建設会社のFDNは、海面上昇や洪水に耐えるフローティング・ハウスやその他建屋とともに津波に耐久性のある建造物などを設計して、世界の至る所で発生する気候変動の問題やその他災害に対する持続可能なソリューションを提供する。

 (Photo: リンク

FDNはオランダの最も革新的な企業の1つであり、すでにいくつかの賞を受けている。そして同社は現在、European Business Awardにノミネートされた。

地球温暖化と森林破壊による海面上昇、河川の氾濫が、アジア、南米、欧州のいくつかの国で問題となっている。FDNのフローティング構造物は危険度が高い地域の人々や作業員を保護して、同時に被害を受けやすい自然地域を耐久性があり持続可能なものに変えることができる。

FDNはアジア諸国の海岸地帯向けに、津波に強い家屋を設計した。それは流体力学設計とコンクリートで耐水性のある安定構造であることから、最悪の津波にも持ちこたえることができる。屋上に設置されたソーラーパネルと防水性のある窓が、津波の襲来時とその後にも居住者の安全を保つ。

欧州諸国に対してFDNは、アムステルダムのフローティング建造物、ヨットホテル、半フローティングアパートなどいくつかのフローティング建造物を設計しており、そこでは特殊な水圧システムが暴風、波浪、潮の満ち引きの際に建物の位置を安定化して、家屋を揺れる船のようにすることもなく快適な生活を保障する。

フローティング建造物はまた、オスロのような拡大中の都市あるいはスリランカなど観光リゾート地にも適しており、FDNは環境を損なわずにプレハブのフローティングアイランドを備えたリゾートを設計している。

FDNはコロンビア政府のために、地上に建造してあるが、洪水の際には浮いて適切な位置に固定される水陸両用ハウスを設計した。ソーラーパネルが電力を自給し、容易な移動と組み立てによってコストは2万ドル以下に抑えられる。

FDNによるもう1つのイノベーションは持続可能なフローティング防波堤であり、それはすでにモナコとギリシャ・メソロンギの港湾を保護している。これら防波堤は波浪エネルギー・コンバーターと組み合わせて利用することができる。

FDNの超高性能コンクリート製のUltrabridgeは、いくつかの賞を受けている。FDNはすでにEuropean Business Award 2014/2015で、イノベーションに対する同賞Ruban d’Honneur(リュバンドヌール)を受賞している。European Business Awardsのアドリアン・トリッップCEOは「これは欧州のトップ110企業の1つとして同社を顕彰したものである」と語った。

(編集者注)
さらに詳しい情報は以下を参照。
FDAのディル・ティリマンナ(Dil Tirimanna)CEO
+31-20-3306260, e-mail: info@fdngroup.nl.

リンク

関連ビデオは以下を参照。
リンク

ソース:FDN

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。