logo

2.28「幕が上がる」公開記念!ももいろクローバーZ出演の特別コラボステーションID13種類独占放送!

日本映画衛星放送株式会社 2015年01月31日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015.1.31

日本映画衛星放送株式会社

日本映画専門チャンネルと2・28公開の話題作「幕が上がる」が奇跡のコラボレーション!
ももいろクローバーZ×本広克行監督
期間限定ステーションID13タイプ“チャンネル独占”放送!

 日本映画衛星放送株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長 杉田成道)が運営する日本映画専門チャンネルは、2月28日(土)公開 “ももいろクローバーZ”主演作「幕が上がる」タイアップ企画として、同作の監督、本広克行自らの演出による、ももいろクローバーZ出演の期間限定チャンネルステーションID(日本映画専門チャンネル名を告知する15秒のオリジナル短編映像)全13タイプを新たに制作・放送いたします。

 いまや日本のトップアイドルグループとして様々なメディアで活躍するももいろクローバーZと、「踊る大捜査線」シリーズを手掛けた日本映画界を代表するヒットメーカー本広監督。この両者を迎えて今回新たに日本映画専門チャンネルとの奇跡のコラボレーションが実現しました。
 
 ライブの合間のちょっとした移動時間、はたまた映画のロケの束の間の休憩時間、365日24時間トップアイドルとして張りつめた日常を送るももクロメンバーがわずかに見せる素の瞬間。そこで映画の役柄そのままに無邪気に『日本映画専門チャンネル』と愉しそうに口ずさむももクロメンバーたち。それを見たとき、誰しもが懐かしさと同時に妙な感慨に襲われるに違いありません。なぜならまさにその一瞬の中にリアルな実生活で思春期を迎えた彼女たちの青春の1ページが刻み込まれているからです。ももクロファンの皆様だけに限らず、このチャンネルIDを見たすべての人が言葉に出来ない“幸福感”を感じて頂けると思います。

 このステーションIDは日本映画専門チャンネルで明日2/1(日)より独占放送がスタートし、現在特設ホームページ(リンク)でも1種類を公開中。さらに映画公開前週2/16(月)より毎日1タイプずつ公開し、公開前日2/27(金)には全13タイプ全ての動画がどなたでもご覧いただけます。是非この機会にももクロメンバーの魅力が凝縮されたチャンネルIDをご覧頂き劇場に足をお運び下さい。

●2月28日(土)公開「幕が上がる」イントロダクション
「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、世界的な劇作家であり演出家・平田オリザの原作を、ももいろクローバーZを迎えて贈る新たな青春映画。脚本を「桐島、部活やめるってよ」で一世を風靡した喜安浩平が手掛け、昨年ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞を受賞した注目の若手女優・黒木華を始めムロツヨシ、志賀廣太郎、清水ミチコら個性と実力を兼ね備えた豪華共演陣が脇を固めている。

●主演:ももいろクローバーZ プロフィール
2008年春に結成された百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人によるガールズユニット。インディーズから活動をスタートし、メジャーデビュー後はヒット曲を連発。 昨年3月に女性グループ初となる史上最速結成6年で国立競技場にてライブを開催し、会場とライブビューイング合わせ150,000人を動員した。

●監督:本広克行 プロフィール
1965年生まれ、香川県出身。1996年「7月7日、晴れ」で劇場映画監督デビュー。その後も数々の映画を手掛け、2003年公開の「踊る大捜査線 THE MOVIE2レインボーブリッジを封鎖せよ!」では、日本映画実写興行収入記録歴代1位を獲得し、2012年には「踊る大捜査線」シリーズ最終作「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」も公開された。また「サマータイムマシン・ブルース」、「曲がれ!スプーン」など舞台を映画化した作品や、舞台の演出そのものも数多く手掛けている生粋の演劇ファンとしての顔も持つ。

●「幕が上がる」公開記念特別番組『ももいろ演出論』(30分)
邦画実写映画興行成績No.1「踊る大捜査線」シリーズを手掛けた本広克行監督と 現代口語演劇の提唱者で90年代以降の日本演劇界を刺激し続ける演出家で劇作家の平田オリザによる濃密なトーク番組。もちろん、ももクロメンバーも登場します!お見逃しなく!!

■チャンネル名称:日本映画専門チャンネル
■視聴方法:スカパー!(BSch.255)/スカパー!プレミアムサービス(ch.634)、スカパー!光/J:COM/ひかりTV/auひかり/ケーブルTV
■視聴可能世帯数:約754万世帯(2014年3月末調べ)  
■日本映画専門チャンネル公式HP:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事