logo

導入課題から探る、企業向けオンラインストレージの活用法

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長 小川 仁司、以下:DSol)はトライポッドワークスの片岡裕紀氏のコラム「導入課題から探る、企業向けオンラインストレージの活用法」を公開しました。

###
第2回になるコラムでは、企業のファイル転送・共有における主な課題をピックアップしたいと思います。
弊社のオンラインストレージ「GIGAPOD」は、国内2,000社を超えるお客様にご利用いただいています。

1. メール添付で大きなファイルを転送できない、したくない
2. 無償のフィル転送・共有サービスは管轄できない
3. USBメモリやCDROMなど可搬記録媒体を禁止したい
4. 海外へ効率的にファイルを転送したい
5. 機密性の高いデータを転送・共有したい

1. メール添付で大きなファイルを転送できない、させたくない
やはり、メールでファイルを添付するのは便利です。
しかし、メールサーバーでは、1~10MBの範囲でファイルサイズに制限を設けている企業がほとんどです。それ以上のファイルサイズを送る必要がある場合(主に写真や図面、CADデータなど)、社員は手軽に使えるファイル転送・共有サービスを使ってしまうようです。管理者は、IPアドレスやサービス名まで把握できるけど、一度アップロードされたファイルはサービス内に記録されてしまうため、統制できない問題を抱えます。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。